東京国際映画祭「マジック・ツリーハウス」 原作M・オズボーン来日 | アニメ!アニメ!

東京国際映画祭「マジック・ツリーハウス」 原作M・オズボーン来日

ニュース

 10月22日から六本木を舞台に東京国際映画祭が始まる。アジア有数の規模を誇る国際映画祭だけに登場するゲストも豪華だ。すでに映画祭を彩る人気俳優や大物監督らの主要ゲストが発表されている。
 特別オープニングの『1911』のジャッキー・チェン総監督、『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』のポール・W・S・アンダーソン監督、ミラ・ジョヴォヴィッチさん、さらにヴィム・ヴェンダー監督といった面々である。欧米、アジア、国内から様々なゲストが期間中、東京を訪れる。

 映画祭で上映されるアニメーション作品でも、それぞれ個性的なゲストが登場する。まず、注目されるのは、 10月23日午前中にワールドプレミアが行われる『マジック・ツリーハウス』だ。10月7日に、原作者メアリー・ポープ・オズボーンさんのゲスト登壇が発表された。
 本作は世界各国から多数あった映画化オファーの中から原作者が最も相応しいとして、日本の製作者を選んだという。原作者の第一声は注目だ。

       magictree.jpg
    (c)メアリー・ポープ・オズボーン/『マジック・ツリーハウス』製作委員会

 10月28日の『ハルのふえ』は原作者のマンガ家やなせたかし さん、そして声優の野沢雅子さんが参加する。業界経験豊富なふたかたの挨拶は楽しいものとなるだろう。
 また、海外のアニメーション映画では、日本の劇画作家 辰巳ヨシヒロさんをモデルにした『TATSUMI』のエリック・クー監督/プロデューサーも来日する。こちらは23日の夜アジアの風-中東パノラマで上映される。海外作品ではあるが、そのテーマから日本とは切り離せない。その日本の地で本作が公開されるのは、本人にとっても感慨深いものでないだろうか。
 映画人の視点『未来のアニメーション』では、これまで出演が発表されていた山村浩二監督に加えて、読売テレビの諏訪道彦プロデューサー、アニメーターの黄瀬和哉さんがゲストとして参加することになった。普段あまり見られない面白い組み合わせだ。

東京国際映画祭 /http://2011.tiff-jp.net/ja/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集