短編アニメーション専門レーベル ワーナーが「THE EDGE」開設 | アニメ!アニメ!

短編アニメーション専門レーベル ワーナーが「THE EDGE」開設

ニュース

 日本でのアニメ事業に力を入れるワーナーが、10月5日にまた新たな試みに乗り出した。ワーナー・ホーム・ビデオの公式動画配信「ワーナー・オンデマンド」に、ショートフィルム専門レーベル 「THE EDGE」を設立した。
 「THE EDGE」は、国内外の良質の短編アニメーションを有料配信する。短編アニメーションのなかには、紹介される機会が少ないことから知名度が高くないものの優れた作品も多い。インターネット配信を通じて、これらをより多くの人に伝える。

 10月5日には、「オスカーセレクション」、「アワードセレクション」、「ヨーロッパ短編アニメセレクション」、「アンチテーゼセレクション」の4つのカテゴリーに合計11の作品が登場している。アカデミー賞短編アニメーション部門受賞、アヌシー国際アニメーション・フェスティバルのグランプリ受賞の『落しもの』(アンドリュー・ルヘマン/ショーン・タン)やベルリン映画祭銀熊賞受賞の『ジャム・セッション』(イザベラ・プリュシンスカ)などである。
 これらの作品は、オフィスH(アッシュ)代表の伊藤裕美さんが、EDEGEの効いた作品を基準にセレクトした。今後はオフィスHセレクトの第2弾、第3弾の配信を続ける。

 さらに配信だけでなく、新しい短編アニメーションの制作も目指す。短編アニメーションで高い実績を持つROBOTの協力により、短編作品の共同制作、プロデュースも手がける予定だ。今後どのような作品が飛び出すか、期待のレーベルと言っていいだろう。

       THELOSTTHINGmain.JPG
        (c)Screen Australia & Passion Pictures Australia

ワーナー・オンデマンド /http://wod.jp
「THE EDGE」 /http://wod.jp/feature/Edge
ロボット /http://www.robot.co.jp/
オフィスH(アッシュ) /http://blogs.yahoo.co.jp/hiromi_ito2002jp

  small BLACK.jpg

『THE EDGE 』第1弾配信作品
(VOD:210円/セル:315円)

■ オスカーセレクション 
 『落としもの』 アンドリュー・ルヘマン/ショーン・タン
 『木の上の海賊たち』 シュテファン・ショメラス

■ アワードセレクション 
 『パリのパーティ・アニマル』 メルヴァン・シャバヌ
 『ミス・リマーカブルの就活』 ヨアンナ・ルービン・ドランゲル

■ ヨーロッパ短編アニメセレクション 
 『水泳王ジャンフランソワ』 トム・オゴマ/ブリュノ・マンギョク
 『ことばの狩人』 イズ・トロアン
 『ジャム・セッション』 イザベラ・プリュシンスカ
 『あと7 分』 イザベラ・プリュシンスカ
 『ジョゼットのひとり遊び』 イザベラ・プリュシンスカ

■ アンチテーゼセレクション
 『リディンゴ島のこどもギャング』 マヤ・リンドストレイム
 『ベルリンの野うさぎ』 イザベラ・プリュシンスカ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集