人気声優たちが 公演通じて被災地の視覚障がい者支援  | アニメ!アニメ!

人気声優たちが 公演通じて被災地の視覚障がい者支援 

声優さんたちが、3月11日東日本大震災で被災した視覚障がい者支援に乗り出す。11月20日に東京ドームシティホールで「READING FOR THE TIES」

ニュース
注目記事
 声の仕事を通じて夢や楽しみを届ける声優さんたちが、3月11日東日本大震災で被災した視覚障がい者支援に乗り出す。11月20日に東京ドームシティホールで「READING FOR THE TIES」と題された2回の公演を行う。
 公演は「声」をテーマにしたステージで、人気声優が参加する豪華朗読劇「新説 八犬伝」やバラエティコーナーなどが設けられる。様々なエンタテインメントが繰り広げられる。

 「READING FOR THE TIES」は、2008年より東京ケーブルネットワークが主催する今年4回目となるイベントである。実はこのイベントは、目の不自由なひとたちのスポーツ参加を支援するための寄付と視覚障がい者のひとたちとどう接していくべきかの啓発を目的としている。過去3年で大きな成果を残した。
 そうしたなかで今年は、3月11日に起きた東日本大震災の被災者のなかの視覚障がい者の支援を主な目的に据えた。これは先の地震により視覚障がい者の人たちが健常者以上に大変な生活を強いられているためである。
 イベントでは「視覚障がい者といっしょに」とタイトルしたコーナーで被災地での視覚障がい者の状況のレポートを行う。また、日本盲人会連合を通して東日本大震災の被災地に寄付を行う予定だ。

 一方で、ステージはこれまで以上にエンタテインメント性を重視する。これは、こうした時期だからこそ
十分楽しんで欲しいというものだ。
 朗読劇「新説 八犬伝」はこれまでも「READING FOR THE TIES」の公演の脚本・演出を手がけてきた山本晴華さんが「スーパーグラップラー」の座付き作家園山古都錦さんと物語を作る。バラエティコーナーでは用意された台本の配役をその場で決めて演じるなど、声優さんの技が光る。

 チケットは税込5800円、9月26日から10月2日までがプレオーダー期間で、10月9日より一般発売となる。詳細は情報サイトにて確認出来る。

「READING FOR THE TIES 2011」
/http://www.tcn-catv.co.jp/rft/

主催: 東京ケーブルネットワーク
後援: 東京ドーム、文化放送
協力: 一般社団法人 日本声優事業社協議会

[出演者]
愛河里花子、井上喜久子、江口拓也、遠藤綾、緒方賢一、折笠富美子、かないみか、関智一、てらそままさき、土井美加、納谷六朗、野中藍、羽佐間道夫、花輪英司、浜田賢二、古川登志男、真殿光昭、三宅健太 (50音順)
RFT JUNIORS: 榎木淳弥、椎葉マリエ、島形麻衣奈、高橋孝治、内藤有海、箭原亮介

広告の後にも続きます
料金: 5800円(税込)
[チケット発売日]
プレオーダー 9月26日(月)12時~10月2日(日)18時
一般発売 10月9日(日)10時

[問い合わせ先]
東京ケーブルネットワーク TEL:03-3814-2600
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集