フジテレビ「ノイタミナ」 10月より系列15局に放映拡大発表 | アニメ!アニメ!

フジテレビ「ノイタミナ」 10月より系列15局に放映拡大発表

フジテレビの深夜アニメ放送枠として人気の「ノイタミナ」が、これまでより多くの視聴者に届けられる。

ニュース
 フジテレビの深夜アニメ放送枠として人気の「ノイタミナ」が、これまでより多くの視聴者に届けられる。9月8日、フジテレビは10月から新番組『UN-GO』と『ギルティクラウン』がスタートするのに合わせて、放送局を一挙に系列15局に拡大することを明らかにした。
 また、放送局拡大と伴に、これまでフジテレビのみで用いられていた「ノイタミナ」を統一ブランドとして15局全てで用いる。話題のアニメが次々に飛び出すことで知られる「ノイタミナ」ブランドを積極的に活用する。

 放送局はフジテレビ、これまでも放映されてきた関西テレビ、東海テレビ、衛星放送のBSフジのほか、秋田テレビ、岩手めんこいテレビ、仙台放送、さくらんぼテレビジョン、福島テレビ、新潟総合テレビ、テレビ静岡、テレビ新広島、テレビ愛媛、サガテレビ、テレビ熊本、鹿児島テレビが加わる。
 フジテレビは「ノイタミナ」を始めとして、今後もアニメの新しいビジネスの挑戦を続けてたいとしている。

 「ノイタミナ」はフジテレビがアニメファンだけでなく、より幅広い視聴者にアニメ作品を届けたいと深夜帯でスタートした番組放映枠である。2005年の『ハチミツとクローバー』を最初に、これまで約30作品が放映されている。この間に『もやしもん』、『墓場鬼太郎』、『東のエデン』、『のだめカンタービレ』などのヒット作を次々に生み出した。
 2007年にはその番組コンセプトがデジタルメディア協会のAMDアワードの優秀賞を受賞、昨年は放映作品のひとつ『四畳半神話大系』が文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞するなど、番組やそのコンセプトへの評価も高い。
 また、2010年4月からは、これまで30分1作品であった放映枠を1時間2作品に拡大している。これにより放映作品の幅も以前より広がっている。

[フジテレビ深夜アニメ枠「ノイタミナ」放送局]

フジテレビ(CX)/関西テレビ(KTV)/東海テレビ(THK)/秋田テレビ(AKT)/岩手めんこいテレビ(MIT)/仙台放送(OX)/さくらんぼテレビジョン(SAY)/福島テレビ(FTV)/新潟総合テレビ(NST)/テレビ静岡(SUT)/テレビ新広島(TSS)/テレビ愛媛(EBC)/サガテレビ(STS)/テレビ熊本(TKU)/鹿児島テレビ(KTS)
BSフジ

「ノイタミナ」 公式サイト
/http://noitamina.tv/

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集