劇場版「ハヤテのごとく!」 主題歌はfripSide新曲に決定 | アニメ!アニメ!

劇場版「ハヤテのごとく!」 主題歌はfripSide新曲に決定

主題歌「HEAVEN IS A PLACE ON EARTH」を、音楽ユニットfripSideが担当することが発表された。F

ニュース
hayategekimusic.JPG 週刊少年サンデーに畑健二郎さんが連載する人気マンガ『ハヤテのごとく!』が、劇場アニメ化された。本年8月27日より劇場版『ハヤテのごとく!HEAVEN IS A PLACE ON EARTH』が、劇場版『魔法先生ネギま! ANIME FINAL』と同時公開される。
 『ハヤテのごとく!』は、これまでもテレビシリーズ、OVAとたびたびアニメ化されてきたが、劇場映画は初めて、ファン待望の長編シリーズでの登場となる。この夏の話題作だ。

 その主題歌「HEAVEN IS A PLACE ON EARTH」を、音楽ユニットfripSideが担当することが発表された。FripSideはコンポーザー八木沼悟志さんのプロデュースによる音楽ユニットで、2009年より現在の編成となった。同年11月にテレビアニメシリーズ『とある科学の超電磁砲』のオープニング主題歌でデビュー、ファンの大きな支持を得た。同曲は第15回アニメーション神戸賞主題歌賞を受賞するなど、一躍人気音楽ユニットとなった。
 FripSideは夏公開の映画に相応しく、本楽曲も夏をイメージして制作したという。そのなかにはfripSideらしい爽やかでどことなくノスタルジーが盛り込まれる。

 「HEAVEN IS A PLACE ON EARTH」は、映画公開直前の8月24日より、ジェネオンユニバーサル・エンターテインメントより4thシングルとしてのリリースが予定されている。初回限定盤DVD付が税込1890円、通常版が1260円である。映画と合わせて盛り上りそうだ。
 さらに7月30日より、fripSide本人が出演するPVの一部(45秒)が公式サイトで公開された。最新曲をいち早く体験するチャンスとなっている。
画像: (c)畑健二郎・小学館/劇場版ハヤテのごとく!製作委員会

fripSide公式サイト(ジェネオンユニバーサル・エンターテインメント)
/http://www.geneonuniversal.jp/rondorobe/music/fripside/

fripSide 
「Heaven is a Place on Earth」

劇場版「ハヤテのごとく!HEAVEN IS A PLACE ON EARTH」主題歌
発売日: 8月24日(水)
(初回限定盤:DVD付) 税込1890円
(通常版) 税込1260円

劇場版 ハヤテのごとく!HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
8月27日(土)新宿バルト9他にて全国公開
『劇場版魔法先生ネギま!ANIME FINAL』と同時上映
/http://www.hayate-project.com/

[fripSideオフィシャルインタビュー]

Q:今回、劇場版「ハヤテのごとく!」の主題歌の話を聞いた時にどう思われましたか?
Sat 
「『ハヤテのごとく!』はお話をいただく前から知っており、大好きな作品だったのでとても嬉しかったです」
南條
「大人気作品なのですごくありがたいお話だと思いましたし、劇場版に携われるのが初めてなので、劇場で流れる自分の声がどんな風になるのかすごく楽しみです」

Q:曲を作るにあたっては、どのようなアプローチをされたのでしょうか?
Sat
「コミックスを全巻持っていたので、もう一度読み返して作品の世界観を再確認しました。その上で今回の劇場版の内容が夏のお話だったので作・編曲においては夏のイメージをしながら作りました」

Q:南條さんは上がってきた曲を聞いての第一印象は?
南條
「すごく爽やかなちょっと青春っぽいキラキラした感じの曲だなと思いました」

Q:レコーディング時に気を付けたことは何ですか?
南條:今までは割と戦いとか張りつめた雰囲気の曲が多かったのですが、今回は、青春キラキラという印象が自分の中にあったので、気持ちの中では笑顔、曲はかっこよくってイメージしながら歌いました。

Q:実際に出来上がった曲を聴いてどうでしたか?
Sat
「いい曲が出来上がったと思います!」
南條
「とても爽やか曲になりました。劇場でどんな感じで使われるのかすごく楽しみです」

Q:では最後のファンのみなさんにメッセージをお願いします。
Sat
「『ハヤテのごとく!』に関わらせて頂き、1ファンとしてもとても嬉しく思います。個人的にはヒナギク推しです。何卒よろしくお願い致します」
南條
「今回はかっこいい&爽やかな曲になりましたので、是非劇場で映像と音楽を一緒に楽しんでいただければと思います。またfripSideのPVも面白いもので是非見てください」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集