山本二三さん 神戸でアニメーション背景美術教室開催 | アニメ!アニメ!

山本二三さん 神戸でアニメーション背景美術教室開催

ニュース

 7月28日13時より、神戸市長田区の地域人材支援センターにて、アニメ美術監督の山本二三氏によるワークショップ・アニメーション背景美術教室が開催される。
 山本氏は、主にスタジオジブリ作品などの背景美術で活躍してきたことで知られる。代表的な仕事には、劇場版『じゃりん子チエ』、『天空の城ラピュタ』などの美術監督がある。高畑勲監督の『火垂るの墓』、宮崎駿監督の『もののけ姫』、細田守監督の『時をかける少女』など、日本を代表するアニメ監督との仕事も多い。
 ここ数年、同氏の作品を紹介する山本二三展が各地を巡回している。今回のワークショップも神戸ビエンナーレ2011のプレ企画も兼ねた同展の開催に合わせた実施となっている。

 当日はアニメーションの背景画の基本となる五元素を中心に基礎技術を学ぶ。参加費は無料、対象は学生および社会人、定員は80名。
 応募はハガキ、FAX、Eメール、ホームページから行える。申し込みの際には住所、氏名、年齢(学年)、電話、FAX、山本二三氏に聞きたいことを明記する。締切は7月13日で、応募者多数の場合は抽選となる。

 神戸での山本二三展は、神戸市博物館で7月16日から9月25日まで開催される。会期中には特別講演会もあり、初日に山本氏による「師は自然 ~私が背景画を続けてこられた理由」、7月30日に脚本家の辻真先氏による「アニメ、むかしといま」となっている。また8月13日は『火垂るの墓』、8月27日は『時をかける少女』が上映される。
 このほか8月11日はこどものためのワークショップ「アニメ背景画に挑戦!」、8月18日は親子で『火垂るの墓』ゆかりの地を歩こう(阪神御影駅集合)も予定されている。
【真狩祐志】

山本二三 アニメーション背景美術教室
/http://www.anime-kobe.jp/nizou/

神戸市立博物館: /山本二三展
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集