新海誠最新作「星を追う子ども」 早くも韓国で大型公開 | アニメ!アニメ!

新海誠最新作「星を追う子ども」 早くも韓国で大型公開

ニュース

 『ほしのこえ』、『秒速5センチメートル』と、作品を発表するたびに大きな話題を集め続ける新海誠監督の最新作が『星を追う子ども』である。地下世界アガルタという新たに大きな世界を舞台に据えた、新海監督の新境地となっている。
 5月7日の劇場公開以来、多くのメディアやファンから注目を集めている。その一方で、早くもビッグな海外展開が決定した。韓国公開である。

 8月上旬より、韓国のエーワン・エンターテイメント社(AONE ENTERTAINMENT)配給で全国公開する。劇場は100館規模を予定している。韓国は日本よりも人口、映画マーケットが小さいため、同国においてはかなりの大型公開となる。国内ではミニシアターと位置づけられる映画が、海外でこの規模で公開されるのは異例のことだ。
 新海監督の作品は、日本だけでなく世界各国の映像ファン、アニメーションファンから人気が高い。韓国もそうした国のひとつで、『ほしのこえ』のDVD発売から『秒速5センチメートル』まで長年にわたり韓国のファンを着実に獲得してきた。それが今回の公開につながった。

 『星を追う子ども』は、商業シーン以外でも活躍する。映画公開に先立って、7月20日から24日にソウルで開催される第15回ソウル国際マンガ・アニメーションフェスティバル(SICAF)のオープニングフィルム作品に選ばれている。
 SICAFではこれまでにも、2005年に『雲のむこう、約束の場所』が長編部門最優秀作品を受賞、2007年には『秒速5センチメートル』がオープニングフィルルムに選ばれている。新海監督とゆかりの深い映画祭だ。
 さらにSICAFにあわせて、韓国ソウルアニメーションセンターにて新海誠作品の原画展示も開催される。この夏は、韓国で新海誠監督が注目されそうだ。

       hosioimain.jpg
        (c)Makoto Shinkai / CMMMY

[韓国公開についての新海監督のコメント]
「サブカルチャーがお互いに深く影響を与えあっている韓国で、『星を追う子ども』がどのように受け入れられるのかとても興味深いですね。
アニメーションという表現手段と生死を考えるというテーマ、それらは普遍に届くはずだと信じて待ちたいと思います」

『星を追う子ども』
シネマサンシャイン池袋・新宿バルト9ほかにて全国公開中
/http://www.hoshi-o-kodomo.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集