「劇場版そらのおとしもの」6月25日公開決定 前売券、予告編も | アニメ!アニメ!

「劇場版そらのおとしもの」6月25日公開決定 前売券、予告編も

ニュース

soraotogekikey.JPG 2011年初夏の公開が予定されている『劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神(エンジェロイド)』の公開日が決定した。夏の映画の先陣を切り、6月25日にスタートする。都内の角川シネマ新宿・シネマサンシャイン池袋など全国各地での上映となる。
 また、公開日決定に合わせて、3月19日には上映劇場での予告編の上映もスタートする。一足早く『劇場版そらのおとしもの』の映像を大スクリーンで観ることの出来るチャンスとなっている。

 前売券の発売もスタートする。こちらも一部の劇場を除く上映劇場の窓口で行われる。アニメ映画でお馴染みの、劇場前売券の特典にも力が入る。「そらのちちくらべタオル」乳(New)バージョンと題して、『そらのおとしもの』らしいセクシーなデザインのタオルとなっている。
 タオルのデザインは3種類、購入の際にいずれか一点がついてくる。特典は数量限定となっているため、品切れになる場合もあるのでこちらは注意が必要だ。前売券の価格は税込1500円である。

 『劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神(エンジェロイド)』は、水無月すうさんが「月刊少年エース」で連載する人気マンガをアニメ化した。2009年の『そらのおとしもの』、2010年の『そらのおとしものf』と2期全26話にわたったテレビシリーズはファンから大きな支持を受けた話題作だ。
 「平和が一番」をモットーにする少年 桜井智樹と空から落ちてきた未確認生物「イカロス」、「ニンフ」、「アストレアの交流を描くハートウォーミング・コメディだ。映画には、智樹のいる新大陸発見部へと入部した恥ずかしがり屋の少女 風音日和を交えて新たな展開を迎える。謎に包まれているイカロスたちの故郷シナプスからの脅威が襲いかかるなど、劇場作品ならではの迫力のある映像、展開も期待したい。

『劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神(エンジェロイド)』
/http://anime.webnt.jp/soraoto/
角川シネマ新宿・シネマサンシャイン池袋 他、6月25日全国ロードショー

       soraotologo1.jpg

[キャスト]
桜井智樹: 保志総一朗
イカロス: 早見沙織
見月そはら: 美名
守形英四郎: 鈴木達央
五月田根美香子: 高垣彩陽
ニンフ: 野水伊織
ダイダロス: 大亀あすか
アストレア: 福原香織
風音日和: 日笠陽子

[スタッフ]
原作: 水無月すう(月刊「少年エース」連載、角川コミックス・エース刊)
総監督: 斎藤久
監督: 柳沢テツヤ
脚本: 柿原優子
キャラクターデザイン: 渡邊義弘
SD・エフェクト総作画監督: 鷲北恭太
デザインワークス: 鷲尾直広
美術監督: 小倉宏昌、合六弘
色彩設定: 日比智恵子
コンポジット・ディレクター: 平林奈々恵・今泉秀樹
編集: 櫻井崇
音響監督: 高橋剛
音響効果: 今野康之・上野励(スワラ・プロ)
音響制作: グロービジョン
音楽: 岩崎元是
音楽プロデューサー: 植村俊一
音楽制作: 日本コロムビア
主題歌: blue drops〈吉田仁美&イカロス(早見沙織)〉
アニメーション・プロデューサー: 黄樹弐悠
制作: AIC ASTA
製作: 新大陸発見部
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集