シド・ミード特別講演 アニメフェア10周年企画で開催 | アニメ!アニメ!

シド・ミード特別講演 アニメフェア10周年企画で開催

ニュース

 東京国際アニメフェア2011は、今年で開催10周年を迎えるにあたり、特別企画として海外から大物クリエイターを招く。『ブレードランナー』や『トロン』、『エイリアン2』など数々のSF映画で活躍してきたデザイナーのシド・ミード氏だ。
 3月24日のアニメフェア・ビジネスデイ初日の12時から1時間半、「CONCEPT, IDEA, DESIGN」のテーマで講演を行う。会場はアニメフェア会場内のTAF特設ステージとなる。

 フォードでの車のデザインを出発点に産業デザイナーとしてキャリアを重ねたミード氏は1970年に独立。1979年に映画『スタートレック』に関わったことが転機になり、さらに『ブレードランナー』や『2010』などで高い評価を受けた。現在は、ビジュアルコンセプトの世界の第一人者として広く知られている。
 今回の講演では、ミード氏の初期のキャリアと1992年から2010年までの日本での仕事を振り返るという。さらに同氏のデザインとデザイン哲学にも触れる。講演後は、質疑応答も予定する。

 今回、特にテーマとして取り上げられるように、ミード氏は日本とのコラボレーションによる仕事も少なくない。1995年の『YAMATO2520』では新ヤマトを、1999年の『∀ガンダム』ではターンエーガンダムを初めとする複数のメカデザインを行っている。実写映画でも、『クライシス2050』に参加した。このほかバンダイやソニー、ホンダ、NHKなどと仕事をする。
 また、それぞれの映画で見せた未来的なビジュアルは、日本の多くのクリエイターに大きな影響を与えた。アニメ分野でも、ミード氏の影響は大きい。アニメのイベントの場で、同氏が語ることには大きな意味があるに違いない。

10周年特別企画
シド・ミード氏特別講演 「CONCEPT, IDEA, DESIGN」
/https://www.tokyoanime.jp/office/public/symposium_detail/81

日程: 2011年3月24日(木) 12時〜13時半
会場:東京ビッグサイト・東京国際アニメフェア2011 TAFステージ
主催: 東京国際アニメフェア実行委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集