4月新番「SKET DANCE」 作品内バンドの現実化プロジェクト発表 | アニメ!アニメ!

4月新番「SKET DANCE」 作品内バンドの現実化プロジェクト発表

ニュース

SKT2.JPG 4月7日18時からテレビ東京系にて放送開始するアニメ『SKET DANCE』は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の人気マンガだ。篠原健太さん描く原作の魅力が、どの様に映像化されるかが注目される。
 そんなテレビ放送開始を前に、テレビならではの楽しい企画が始動することになった。その名も「The Sketchbookプロジェクト」、原作の中でも人気エピソードとなっている「カイメイ・ロック・フェスティバル」に登場するバンド「The Sketchbook」を現実世界でも結成してしまおういうものだ。

 原作中ではボッスン、ヒメコ、スイッチのスケット団3人がロックフェスで結成するが、今回のプロジェクトではこのメンバー3人を公募。オーディションで決定する。募集パートは男性ボーカル、女性ギター、男性ドラムの3人で、メンバーに選ばれるとアニメの「カイメイ・ロック・フェスティバル」のエピソードの劇中で
曲がオンエアされる。さらにCDデビューも用意されるビッグな企画となる。
 募集は2月28日よりエントリーを開始、4月30日で締め切られた後、1次審査、2次審査、5月下旬の決勝大会を経て、6月中旬にグランプリが発表される。番組と同時に盛り上がりそうだ。

 The Sketchbookプロジェクトでは、さらにもうひとつプロジェクトが行なわれる。このThe Sketchbookが歌う曲を、ファンからの投票で決める「The Sketchbook楽曲プロデュースバトル」だ。
 スケット団の3人ボッスンとヒメコ、スイッチがそれぞれ曲をプロデュースし、完成した曲を投票にかけ、選ばれた1曲が実際にアニメの中で歌われることになる。オーディションとあわせ、先の読めない展開となる。

 『SKET DANCE』は、開盟学園・学園生活支援部、通称「スケット団」の3人が織りなすストーリー。学園生活の中で誰もが抱える悩みや問題を解決するために結成された。ところがヘンテコなヤツらからのヘンテコな依頼が舞い込み、様々な事件が引き起こされる。4月からの注目の新番組である。

アニメ『SKET DANCE』 公式サイト /http://sketdance.jp/

原作: 篠原健太(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督: 川口敬一郎
シリーズ構成: 猪爪慎一
キャラクターデザイン: 中武 学
アニメーション制作: タツノコプロ

The Sketchbookメンバーオーディション
/http://sketdance.jp/audition/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集