声優アワード 特別功労賞に野沢那智さん 3月5日に授賞式 | アニメ!アニメ!

声優アワード 特別功労賞に野沢那智さん 3月5日に授賞式

ニュース

 今年も声優アワードの季節が近づいてきた。今回で5回目を迎える声優アワード授賞式が、3月5日に東京・秋葉原のUDXシアターで行なわれる。声優アワードは、昨年1年間、アニメや洋画、ナレーションで活躍した声優の活動と業績を顕彰する。顕彰を通じて、声優業界の発展を目指すため設立された。
 その授賞式を前に、選考委員会から選ばれる特別賞のうち特別功労賞、功労賞、富山敬賞(話題賞)の受賞者が発表された。

 特別功労賞は野沢那智さんが選ばれた。また、功労賞は3人が受賞する。ささきいさお さん、鈴木弘子さん、矢島正明さんである。富山敬賞は小山力也さんに贈られる。
 特別功労賞は故人の中から、特に洋画(外画)の吹き替えで活躍した人が選ばれる。野沢那智さんは『スペースコブラ』のコブラ役、『どろろ』の百鬼丸役などでも知られる。同時にその声はアラン・ドロンやブルース・ウィリス、ロバート・レッドフォード、ダスティン・ホフマンの吹替で多くの人に馴染み深い。昨年10月30日に逝去され、多くの映画ファン、アニメファンを悲しませた。

 功労賞も洋画を中心に活躍する声優から選ばれる。ささきいさおさんは、エルビス・プレスリー、シルベスター・スタローンの吹替を長年務める。アニメでも『科学忍者隊ガッチャマン』シリーズのコンドルのジョー役なども務めるほか、実写ドラマ、映画、さらに数々のアニメ主題歌で長年親しまれて来た。
 鈴木弘子さんはカトリーヌ・ドヌーヴ、ジャクリーン・ビセットの吹替が代表作だ。矢島正明さんはウィリアム・シャトナー、ロバート・ヴォーンが代表作、さらにナレーターとして多くの実績を残す。

 富山敬賞は話題賞の位置づけにある。声優の職業を各メディアを通じて広めたことを対象とする。例年、声優の仕事だけでなく幅広い分野で活躍した人物が選ばれている。
 今回の受賞者となった小山力也さんも、テレビ、洋画は勿論、ラジオ、コマーシャル、舞台など様々なシーンで活躍した。そうした活動が評価されたかたちだ。
 今後、声優アワード実行委員会は、シナジー賞、海外ファン賞、キッズファミリー賞、高橋和枝賞を授賞式前に発表する。さらに授賞式当日は、ファンからの投票も行なわれた主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、新人男優賞、新人女優賞、歌唱賞、パーソナリティ賞が会場にて発表される。

        seiyuaward.JPG

         /http://www.seiyuawards.jp/

第五回 声優アワード授賞式
日時: 2011年3月5日(土)  開式 18時 
会場: UDXシアター

[部門]
第1群 (8部門)
主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、新人男優賞、新人女優賞、歌唱賞、パーソナリティ賞
第2群 (7部門)
特別功労賞、功労賞、富山敬賞、シナジー賞、海外ファン賞、キッズファミリー賞、高橋和枝賞

今回発表された受賞者

■ 特別功労賞
     野沢那智

■功労賞
     ささきいさお
     鈴木弘子
     矢島正明

■富山敬賞
     小山力也
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集