2区2市で3月にアニメイベント集中開催 「宮崎駿が選んだ50冊」など | アニメ!アニメ!

2区2市で3月にアニメイベント集中開催 「宮崎駿が選んだ50冊」など

ニュース

 春休みシーズンを直前に控えた3月上旬に、東京都内の4つの区と市がアニメイベントを集中開催する。3月4日から6日まで三鷹市が「三鷹の森アニメフェスタ2011」、5日、6日に杉並区が「アニメーションフェスティバル2011 in 杉並」、12日、13日は武蔵野市の「吉祥寺アニメフェスティバル2011」、13日は「アニメプロジェクト in 大泉 2011」といった具合だ。2週間の週末にアニメイベントが集中するかたちになる。
 イベントを行う区と市の特徴は、いずれも首都圏西部に位置し、アニメ産業の集積地として知られていることだ。いずれの自治体もアニメ産業の振興を進めており、こうしたイベントは産業振興と同時にアニメを通じた地域文化交流の活性化を狙っている。

 イベントが短期間に集中するのは偶然ではない。もともとこれらのイベントは3月末に開催される東京国際アニメフェアのプレイベントと的な位置づけも持っている。
 また、東京国際アニメフェアのビジネスイベント、あるいは本年初めて開催されるアニメ コンテンツ エキスポのような新作番組を主体とした大型ステージとはやや特徴も異なる。アニメの上映会、ちょっとした即売会といった普段着のイベントが集まり、地域のファミリーが気軽に遊びに出掛けられるものが多い。都心の大型イベントとは異なった楽しみ方が出来る

 三鷹の森アニメフェスタ2011以外のイベント内容は、現在のところまだ発表されていない。今後、各自治体が発表することになる。
 一方、既に発表している三鷹の森アニメフェスタ2011は、魅力的な企画が並んだ。三鷹市には、ジブリ美術館が近いことがありスタジオジブリ関係の企画が充実している。3月4日から6日まで三鷹市芸術文化センター地下展示室で、特別企画「宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展」が開催される。
 3月5日の「アニメーション古今東西その8」では、第1部は『食べものとアニメーション』の上映、第2部は話題のアニメーション シヴァン・ショメ監督の『イリュージョ二スト』特別試写会と講演会を予定する。さらに6日は、インディーズアニメーションのコンテストとして既にお馴染みとなった第9回インディーズアニメフェスタが行われる。
 いずれのイベントも、春のアニメシーンを大きく盛り上げそうだ。

■ 杉並区
アニメーションフェスティバル2011 in 杉並
3月5日、6日

■ 練馬区
アニメプロジェクト in 大泉 2011
3月13日

■ 武蔵野市 
吉祥寺アニメフェスティバル2011
3月12日、13日

■ 三鷹市
三鷹の森アニメフェスタ2011
3月4日、5日、6日
/http://www.city.mitaka.tokyo.jp/c_event/023/023706.html
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集