ガシャポンもヴァーチャル化 バンダイがネットスタート | アニメ!アニメ!

ガシャポンもヴァーチャル化 バンダイがネットスタート

ニュース

gasyamain.jpg 子どもの頃、誰もが一度はやったことがあるに違いないカプセル玩具の自販機が、インターネットにバーチャルナな存在として現れた。玩具大手のバンダイは、自販機専用カプセル玩具「ガシャポン」をインターネットでも楽しめるサービスをスタートした。プレミアムバンダイのサイトに設けられた「デジタルガシャポン」である。
 「デジタルガシャポン」は、インターネット上にガシャポンのシステムを再現する。商品が購入出来るだけでなく、何が出て来るのか分からないドキドキ感やワクワク感も演出する。実際のガシャポンと同じ様に画面上で「ガシャッ!」とハンドルを回すと、カプセルがランダムに「ポン!」と出てくる。

 「ガシャポン」は、1977年からバンダイが事業展開する自販機専用カプセル商品の有力ブランドである。国内カプセル自販機市場でトップシェアを持っている。
 人気の秘密は低価格とスリル感、そして自販機ショップの店先に多いといった手軽さで、さらに玩具のコレクション性も強い。これまでに「キン消し」やHGシリーズなど数々のヒット作を生み出している。2010年3月までの累計出荷数はおよそ28億個、現在は、全国に約45万台の自販機が設置されている。インターネットへの進出でさらに、そのアクセスを拡大することになる。

 現在、プレミアムバンダイでは、ZEPPINシリーズとして「モンスターハンターポータブル3rdマスコットピンズ」、「ワンピースエース救出ピンズ」、「仮面ライダーオーズピンズ」、さらに「ジョジョの奇妙なメタルプレートキーチェーン ダイヤモンドは砕けない」を提供している。
 価格はいずれも1回200円と店頭と同様の価格だ。今後も「ZEPPIN series 仮面ライダーX仮面ライダー オーズ&ダブル 劇場版ピンズ」を投入予定のほか、新商品が続々と登場とのことだ。

バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」 /http://p-bandai.jp/
「デジタルガシャポン」 /http://p-bandai.jp/digitalgashapon/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集