オンラインゲーム「ドルアーガの塔」 フランスでサービス開始 | アニメ!アニメ!

オンラインゲーム「ドルアーガの塔」 フランスでサービス開始

ニュース

 12月22日、インデックスグループは、同社のグループ会社ロッソインデックスの有力オンラインRPG『ドルアーガの塔~the Recovery of BABYLIM~』のサービスをフランスで開始した。グループのフランス現地法人インデックス・マルチメディアが自らローカライズを行い提供する。インターネット・モバイル分野で強みを持つグループ力を活かす。
 日本と同様で基本プレーは無料、アイテム課金による収益化を目指す。フランスは日本のポップカルチャーの人気が高い地域だけにその成果が期待される。

 『ドルアーガの塔~the Recovery of BABYLIM~』は、バンダイナムコゲームズ(当時ナムコ)により1986年に発売された人気アーケードゲーム『ドルアーガの塔』の続編として、PC向けのオンラインRPGとして開発された。国内ではロッソインデックス(旧ゴンゾロッソ)が、2008年4月からサービス提供をしている。
 80年代に人気を博したゲームの世界観を受け継ぐ一方で、さらにプレイヤー同士で協力するオンラインRPGならではのゲーム性やストーリーが売りになっている。国内ではゲームのスタートに並行して『ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜』、『ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜』の2本のアニメ化を展開したことから知名度も高い。
 海外でも競争の激しいオンラインゲームビジネスではあるが、こうした知名度の高さ、ブランド力は、フランスでも力を発揮しそうだ。

 フランスでローカライズ事業を行なうインデックス・マルチメディアは、インデックスが現地の有力コンテンツプロバイダーを2004年に買収したものである。同国に420万人の会員を持ち、特に20代から30代に人気の高いSNSTchatche.comの企画運営などを行なう。インデックスでは今後は、Tchatche.comと同作の連携も図りたいとしている。
 ロッソインデックは12月17日には、グループ会社Atlus U.S.Aを通じて米国でオンラインゲーム『パンドラサーガ』のクローズドβテストを開始したばかりだ。これまでのアジア地域に加えて、欧米地域でのビジネスを積極的に開拓する。インデックスグループは、海外子会社を通じて今後も日本発のコンテンツの海外展開を図るとしている。その展開は暫く目が離せない。

インデックス・ホールディングス /http://www.index-hd.com/
ロッソインデックス /http://www.rossoindex.com/
インデックス・マルチメディア /http://www.indexmultimedia.com/ 

『ドルアーガの塔』(日本) /http://druaga-mmo.com/
『ドルアーガの塔』(フランス) /http://www.druaga.fr
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集