異色のヒーロー映画「キック・アス」が大ヒットスタート  | アニメ!アニメ!

異色のヒーロー映画「キック・アス」が大ヒットスタート 

ニュース

kickassposter.jpg 12月18日から東京・シネセゾン渋谷ほかにて公開された映画『キック・アス』が好調なスタートを切った。18日、19日のシネセゾン渋谷の興行は、全回満席となり週末2日間の動員は1838人、興収は300万円を超えた。同日公開となったTOHOシネマズ川崎、テアトル梅田も好調な成績で、全国でほぼ満席となった。前評判の高さが観客動員に表れたかたちだ。
 配給によれば客層は、映画ファンの男性や若いカップル、女性連れ、さらに中高年など幅広い層から支持されているという。口コミの高さもあり、今後も堅調な興行を予想しており、後に続く全国公開にも期待をかける。

 『キック・アス』は、2010年3月に米国で公開されたヒーロー映画だ。ただし、ヒーローといっても、『スパイダーマン』や『バットマン』とはやや異なる。主人公でデイブは、ヒーローに憧れるあまり自らヒーローコスチュームを作ってしまった何の取り柄ない少年である。R15という指定からも、作品が既存のスーパーヒーロー映画へのアンチテーゼやパロデイから一線を画した作品であることが分かるだろう。
 主人公デイブ役には、『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』のジョン・レノン役を演じたアーロン・ジョンソンが、大活躍のヒットガールは13歳のクロエ・グレース・モレッツが抜擢された。さらにニコラス・ケイジの力の入った演技が見どころだ。

 映画公開にあわせユニークなイベントも企画されている。初日シネセゾン渋谷に登場したキックアスと最強の少女ヒットガール、金持ちヒーロー・レッドミストとバットマンもどきのビッグダディの4人のコスプレが各劇場に姿をみせる。
 12月25日・26日にテアトル梅田、年明け1月15日・16日はシネマイクスピアリ、1月22日・23日はシネリーブル博多駅、2月5日・6日はOSシネマズミント神戸を予定する。
画像: (c)KA Films LP. All Rights Reserved.

『キック・アス』 公式サイト /http://www.kick-ass.jp/

        hitgirl12.jpg
         (c)KA Films LP. All Rights Reserved.
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集