ケータイコミックから単行本 朝日新聞出版が新レーベル | アニメ!アニメ!

ケータイコミックから単行本 朝日新聞出版が新レーベル

ニュース

homes.jpg 朝日新聞出版は、12月7日よりマンガ単行本の新レーベル「ASAHI COMICSファンタジー」をスタートさせた。「ASAHI COMICSファンタジー」は、同社が携帯向け電子書籍サイト「Handy コミック」内の「ミスティックエッヂ」のコーナーで連載している作品を単行本として発売するものである。
 12月7日の発売タイトルは、『シャーロック・ホームズは影にささやく』(著:安宅十也)、『ノギ 隠衆破国戦譚(ナバリシュウハコクセンタン)』(著:井田ヒロト)、『イース』(著:前田英紀)の3つである。いずれもB6版、定価税込み590円となっている。

 「Handy コミック」はビットウェイが運営する国内最大級の携帯向け電子書籍サイトだ。現在、2万8000タイトル、46万話を配信し、人気を集めている。
 「ミスティックエッヂ」はこのサイト内に常設してあるコーナーで、ファンタジー作品など現在10 タイトル以上を連載している。作品は全て完全描き下ろしの新作で、毎月最終火曜日に更新、販売価格は1話当たり40 円である。

 電子マンガが普及に連れて、現在は雑誌連載を行なわない携帯発、インターネット発のマンガ作品が増加している。その中からヒット作も生まれ始めている。「ASAHI COMICSファンタジー」の設立は、こうし新たな動きを捉えたものだ。
 朝日新聞出版社はファンタジー作品を中心に、今後も「ASAHI COMICSファンタジー」の刊行を続ける。毎月7日に新刊を発売する予定だ。
画像:  『シャーロック・ホームズは影にささやく』(C)2010 安宅十也

朝日新聞出版 /http://publications.asahi.com/
「ミスティックエッヂ」 /http://handycomic.jp/pc/index.html

「ASAHI COMICSファンタジー」 12月7日発売タイトル

■ 『シャーロック・ホームズは影にささやく』
著者名:安宅十也(あたかとうや)
ロンドンを舞台に美少年探偵ホームズと、そのパートナーワトソンが、悪夢のような犯罪を行う「影使い」たちに立ち向かうダーククライムファンタジー。

■『ノギ 隠衆破国戦譚』
著者名:井田ヒロト
一族の宿命を背負わされた少年 石井腱が繰り広げる超忍術ストーリー。

■ 『イース』
著者名:前田英紀
赤き髪の剣士アドル・クリスティンの冒険を描いた大人気アクションロールプレイングゲーム「イース」を完全コミック化
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集