「ルパン三世」がモバゲー進出 トムス、DeNAが共同開発 | アニメ!アニメ!

「ルパン三世」がモバゲー進出 トムス、DeNAが共同開発

トムス・エンタテインメントとモバゲーを運営するDeNAは、ルパン三世をテーマに起用した『ソーシャルゲーム<ルパン三世>(仮称)』を共同開発する

ニュース
lupinmobge.jpg 新しいエンタテインメントの場として急成長を続けるモバゲータウンに、国民的な人気アニメが登場する。アニメ製作会社のトムス・エンタテインメントとモバゲーを運営するDeNAは、ルパン三世をテーマに起用した『ソーシャルゲーム<ルパン三世>(仮称)』を共同開発することを発表した。
 2010年11月18日にはモバゲータウン内にティザーサイトを公開、事前登録の受付を開始した。本年冬のサービス開始を予定する。人気アニメをテーマにしたソーシャルゲームが、モバイルユーザーから人気を集めそうだ。
 
 『ソーシャルゲーム<ルパン三世>(仮称)』は、ルパン三世の世界を舞台に世界中のお宝を盗み出すゲームとなる。『ルパン三世』らしい物語仕立てだ。ゲームにはルパンは勿論、次元大介や石川五ェ門、銭形警部、それに峰不二子といったお馴染みのキャラクターが登場しプレイを盛り上げる。
 ゲームユーザはルパン三世の相棒になり、世界各国のお宝を盗むために様々な建物に潜入する。盗むにあたってはユーザ同士で競争したり、逆にユーザ同士で協力してお宝を運び出す協力プレイも導入する。入手したお宝を不二子に渡すことで、不二子と一緒に潜入できる特別なステージも用意する。 

 ゲームはモバゲータウンの無料登録が必要で、登録会員がゲーム利用出来る。また、現在公開しているティザーサイトでの事前登録したユーザには、ゲーム内特典のプレゼントがある。
 今回の共同開発で、トムス・エンタテインメントは若い世代を中心に2100万人の会員を持つモバゲーにアクセスすることが可能になる。一方、モバゲーは人気キャラクターと作品の導入で、サイトの魅力を高める。

 モバゲーは2006年の開始以来、急速に会員数を伸ばしており、モバイルだけでなく、ゲーム分野でもその存在感を増している。今年10月の「Yahoo!モバゲー」をオープンなど、大手企業との提携も相次いでいる。
 老舗のアニメ製作会社との共同開発もそうした一環だ。今後も、人気キャラクターや作品を持った企業とDeNAの提携は増えそうだ。
画像:  (c)モンキー・パンチ/TMS・NTV (c)DeNA (c)Butterfly

『ソーシャルゲーム<ルパン三世>(仮称)』
/http://mbga.jp/game/cpn/lupin/top.html

配信日: 本年冬頃配信予定
利用方法 : 「モバゲータウン」への無料会員登録、利用可能
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集