劇場版「鋼の錬金術師」 スタッフ一新で2011年夏公開 | アニメ!アニメ!

劇場版「鋼の錬金術師」 スタッフ一新で2011年夏公開

ニュース

 11月14日、注目のアニメの最新情報が明らかになった。かねてより製作告知されていた『鋼の錬金術師』の新作映画である。映画版のタイトルは『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』、2011年夏に全国公開される。このほか制作スタップや前売り開始、劇場情報などが発表され、来年の夏に向けたスタッフのエネルギーとファンの盛り上がりを高める。
 今回の発表は11月14日の『STAR DRIVER 輝きのタクト』の放映後に、特報として告知された。映画製作決定の際と同様、テレビの速報性を活かしたサプライズな発表だ。同時に公式サイトもオープンし、最新情報の詳細を伝える。

 今回の発表で注目されるのは、そのスタッフ陣だ。監督には『コードギアス反逆のルルーシュ』シリーズなどの演出で活躍する村田和也さん、キャラクターデザイン・総作画監督に『東京ゴッドファーザーズ』、『千年女優』などの小西賢一さんを起用する。また『ホワイトアウト』などで知られ、数々の文学賞を受賞する作家 真保裕一さんが脚本を担当する。
 『鋼の錬金術師』の映像化は、これまでに2003年のテレビアニメ『鋼の錬金術師』とその劇場版『シャンバラを往く者』、その後の新シリーズ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』がある。2009年の新シリーズの際にスタッフが一新されたことが話題を呼んだが、今回の劇場版では再びスタッフを一新させファンを驚かせる。一方で声優陣は、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』を引き継ぐ。また、アニメ制作のボンズ、製作にアニプレックスが参加するのはこれまでのシリーズと同様だ。

 今回、ストーリーは明らかにされていないが、「ついに語られる禁断の〈絆〉の物語が、今ここに幕を開ける!」とキャッチコピーがつけられている。これまでとは異なる物語が登場しそうだ。
 映画の前売り券は、早くも11月22日に第1弾の販売を開始する。公式サイトでは現在公開予定の劇場としておよそ90館近くが挙げられている。新たに創られる『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』は2011年夏の話題の映画となりそうだ。

『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』 公式サイト
/http://www.hagaren-movie.net/

[スタッフ]
原作: 荒川 弘「鋼の錬金術師」(スクウェア・エニックス刊)
監督: 村田和也
脚本 :真保裕一
キャラクターデザイン・総作画監督: 小西賢一
アニメーション制作: ボンズ

[キャスト]
エドワード・エルリック: 朴璐美
アルフォンス・エルリック: 釘宮理恵
ウィンリィ・ロックベル: 高本めぐみ
ロイ・マスタング: 三木眞一郎
リザ・ホークアイ: 折笠富美子
アレックス・ルイ・アームストロング: 内海賢二
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集