アニメ「NOIR」に米国で実写企画浮上 THRが報道 | アニメ!アニメ!

アニメ「NOIR」に米国で実写企画浮上 THRが報道

THRは、11月11日付けのニュースとして『ノワール Noir』の実写リメイク企画が進んでうると伝えている。

ニュース
 国内では2001年にテレビ放映され、アニメファンから人気を博した『ノワール Noir』が、新たなかたちで蘇るかもしれない。米国のエンタテインメント業界情報のハリウッドレポーター(THE HOLLYWOOD REPORTER:THR)は、11月11日付けのニュースとして『ノワール Noir』の実写リメイク企画が進んでうると伝えている。
 報道によればこのプロジェクトは、米国の大物プロデューサー サム・ライミ氏とロバート・タパート氏が企画したもので大手エンタテイメント企業のStarzが製作を行なう。また、脚本をBBCのテレビドキュメンタリー『ハウス・オブ・サダム』などを手がけたステファン・ライトフット氏が勤めるとしている。ライミ氏、タパート氏、ライトフット氏は、エグゼクティブプロデューサーも担当する。

 『ノワール』はいまから少し未来を舞台に、過去を失った主人公 夕叢霧香とヨーロッパの暗黒街の裏で仕事をしてきたミレイユ・ブーケの二人の少女が登場する。二人はコンビを組み、裏社会の仕事人をこなしていく。やがて二人は深い絆で結ばれる。
 作品は全26話、メランコリックな雰囲気が特徴となっている。監督に真下耕一さん、梶原由記さんの音楽も印象的だ。

 Starzは米国の大手ケーブル放送局で、有料放送チャンネルStarzを運営する。同チャンネルはプレミア優良チャンネルとして人気が高い。また、独自の番組制作も行なう。
 サム・ライミ氏は、『スパイダーマン』シリーズや『死霊のはらわた』の監督として有名だ。一方で、プロデューサーとしての活動も活発で、『Boogeyman』や清水崇監督の『THE JUON 呪怨』といったホラー映画、ジャンル映画を得意とする。
 Starz、ライミ氏、タパート氏とアクションやSF、ホラーなどジャンル映画を得意とする才能が、独特の世界観を持つ日本のテレビアニメシリーズに目をつけたかたちだ。作品のリリース時期や方法は明らかにされておらず、企画進展には不透明なところも多いが、今後の動きが注目される。

ハリウッドレポーター(THE HOLLYWOOD REPORTER)
/http://www.hollywoodreporter.com
/Starz Nabs Assassin Project From Sam Raimi

『ノワール NOIR』 /http://www.jvcmusic.co.jp/m-serve/tv/noir/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集