「シュレック フォーエバー」ギネスに認定シリーズ興行アニメで世界一 | アニメ!アニメ!

「シュレック フォーエバー」ギネスに認定シリーズ興行アニメで世界一

 ドリームワークス・アニメーションによる『シュレック』シリーズの最新作『シュレック フォーエバー』が、12月18日に全国公開される。本作は2001年の第1作以来、登場するたびに世界的大ヒットとなるシリーズの第4作目、しかも完結編ということもあり、公開前から注目

ニュース
DWA1108.jpg ドリームワークス・アニメーションによる『シュレック』シリーズの最新作『シュレック フォーエバー』が、12月18日に全国公開される。本作は2001年の第1作以来、登場するたびに世界的大ヒットとなるシリーズの第4作目、しかも完結編ということもあり、公開前から注目が高い。
 そんな国内公開を前に、『シュレック』シリーズのビッグなニュースが明らかになった。シリーズ1作目から4作目の全世界映画興収がアニメーション映画シリーズとして世界一になり、ギネスブックに認定されたというものだ。名実共に、世界ナンバー1のアニメーション映画の地位を獲得した。

 シリーズのこれまでの累計興収はおよそ30億ドル、日本円でなんと2400億円を越えるスケールである。これは『トイ・ストーリー』シリーズのおよそ20億ドルや『アイス・エイジ』シリーズを上回る。2001年公開の『シュレック』のアカデミー賞長編アニメーション受賞、2004年公開『シュレック2』のでは全米アニメーション映画歴代1位などに続く快挙である。
 またシュレックは、今年、ショービジネスの世界で活躍した人物の名前が刻まれるハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにもその名前を残している。アニメーションのキャラクターでは、これまでミッキーマウスやドナルドダッなどのディズニーキャラクター、日本からもゴジラなど殿堂入りをしているが、ドリームワークス・アニメーションのキャラクターとしては初めてだ。誰もが知る普遍的なキャラクターとしても、認められたかたちだ。

 シリーズを制作するスタジオのドリームワークス アニメーションSKG最高経営責任者ジェフリー・カッツェンバーグ氏も、ギネス認定を喜ぶ。
 「全世界で約30億ドルの興行成績を記録した『シュレック』シリーズはこの10年間ドリームワークス アニメーションのブランドの確立に大きく貢献しました。そして、このユニークなシリーズが成し遂げた偉業がギネス世界記録(TM)「アニメシリーズ史上世界No.1」と認定されたことを我々は一企業として誇りに思います。」
と感謝のコメントをする。

   BOXOFFICEanimation1.JPG
   Box Office Mojo調べ

「シュレック フォーエバー」 /http://www.shrek-forever.jp/
12月18日(土) 新宿ピカデリー他 全国ロードショー
<3D/2D 同時公開>
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集