10月開催DCEXPO 2010に鈴木敏夫氏やピクサースタッフも | アニメ!アニメ!

10月開催DCEXPO 2010に鈴木敏夫氏やピクサースタッフも

10月14日から17日まで日本科学未来館などでDCEXPO2010が開催される。そうしたなかで今回はスタジオジブリのプロデュサー鈴木敏夫氏が招かれる。

ニュース
 10月14日から17日まで日本科学未来館などでDCEXPO(デジタルコンテンツエキスポ)2010が開催される。2008年から開始されたDCEXPOは、最新のデジタル技術を紹介する総合イベントだ。秋に行われるコンテンツ関連の統合イベントJAPAN国際コンテンツフェスティバルのメイン企画のひとつである。
 期間中はCGや3D(立体視)、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)を体験できる実演展示から、クリエイターや研究者によるシンポジウム、超高精細映像や3D(立体視)映像の上映などが行われる。最先端技術に関するプログラムが紹介される。関連分野の広がりは、デジタルコンテンツ産業の裾野がゲームやアニメ、芸術だけでなく、医療やバイオテクノロジーなどへ応用の幅を広げていることも背景となっている。

 9月15日には、このDCEXPO2010で開催されるシンポジウムの事前受付が開始した。DCEXPOは毎回シンポジウムへの大物キーパーソンの招聘し、それが話題となっている。そうしたなかで今回はスタジオジブリのプロデュサー鈴木敏夫氏が招かれる。これは今年、鈴木氏がASIAGRAPH2010 創賞の受賞者に選ばれたためでる。今回はその記念講演の位置づけとなっている。
 また、『モンスターズ・インク』などでCG功労賞を受賞した米国のCGアニメーションスタジオ ピクサーのマイケル・カス氏が参加する。コンテンツ産業で活躍するクリエイターの言葉は、日本でも注目を浴びそうだ。このほか、昨年も人気を博した二足歩行ロボット「HRP-4C」によるパフォーマンスなど、期間中は約70の様々なテーマのセッションが予定されている。

 DCEXPO2010は例年行われているConTEX、ASIAGRAPH、国際3D Fairといった主催者プログラムが中核となっている。今年は新たに国際パートナープログラムとしてフランスの「Futur en Seine」や中国の「Meeting Interlligent Times of China」、韓国の「CONTENT TECHNOLOGY OF KOREA」、そして昨年日本でも開催された「SIGGRAPH ASIA」の4プログラムが加わる。
 また参加プログラムとして、3DCG CAMP、Y2 AUTUMNの2プログラムも実施する。3DCG CAMPは3DCGの総合コンテストの3DCG AWARDS 2010、Y2 AUTUMNはヤマハが開発するボーカロイドなどを中心音や音楽をテーアにする。
【真狩祐志】

デジタルコンテンツEXPO2010 DC EXPO2010) /http://www.dcexpo.jp/

日時: 2010年10月14日(木)~17日(日)10時~17時
会場: 日本科学未来館、東京国際交流館
主催: 経済産業省、財団法人デジタルコンテンツ協会
料金: 入場無料
※一部プログラムでは教材費が必要。日本科学未来館の展示施設への入場は有料。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集