新しい3つの「ボトムズ」 11月から全国5館でイベント上映 | アニメ!アニメ!

新しい3つの「ボトムズ」 11月から全国5館でイベント上映

数々の名作を生み出して来た「ボトムズ」シリーズの新たな物語がこの秋に始まる。新世代のボトムズとして、

ニュース
V-fes.jpg 数々の名作を生み出して来た「ボトムズ」シリーズの新たな物語がこの秋に始まる。新世代のボトムズとして、3人の監督が競演する3作品がこの秋に誕生する。五十嵐紫樟監督による『装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE』、重田敦詞監督による『ボトムズファインダー』、そして高橋良輔監督による『装甲騎兵ボトムズ 孤影再び』である。
 1983年に「ボトムズ」シリーズを生み出した高橋良輔監督が、『孤影再び』にてキリコのその後を描く。残りの2作品は新たな監督を投入することで、長年リアルロボットものの金字塔として知られて来たシリーズに新たなビジュアルと感性を与える。

 『装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE』では、『舞-HiME』シリーズで人気の久行宏和キャラクターデザインに起用した。また、近年はCGで制作するようになっていたATのバトルシーンも手描きで表現する。迫力の戦闘シーンが期待出来る。まさに新しい時代のボトムズを感じさせるものとなる。
 『ボトムズファインダー』もこれまでと異なるビジュアルだ。全体の雰囲気は従来の重厚さを離れて、明朗軽快なイメージになる。ATのデザインも丸味を帯びた新しいものである。

 作品はOVAとして発売を予定するが、その発売に先駆けて2010り3ヵ月連続で全国5都市5館のイベント上映を行う。上映館は東京・新宿バルト9、横浜・横浜ブルク13、大阪・梅田ブルク7、京都・Tジョイ京都、名古屋・伏見ミリオン座である。
 また、作品上映スケジュールは、11月6日から『装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE』、12月4日から『ボトムズファインダー』、2011年1月8日から『装甲騎兵ボトムズ 孤影再び』だ。OVA作品の尺となるため、前売り券は各作品とも800円とリーズナブルな価格に設定されている。
 前売り券は現在発売中、そして9月1日には3枚綴り税込2400円の特別鑑賞券「スペシャルセットチケット」の発売を開始した。こちらは限定1000セット、大河原邦男さんによる新規描きおろしイラストデザインで、シリアルナンバー入りの額装風台紙が付く。
  
ボトムズフェスティバル公式サイト
/http://www.votoms.net/festival/index.html

votoms3.jpg 「装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE」
企画・製作: サンライズ
監督: 五十嵐紫樟
脚本: 佐藤卓哉
キャラクターデザイン: 久行宏和
メカニカルデザイン: 大河原邦男
サブメカニカルデザイン: 寺岡賢司

[キャスト]
アービン: 平川大輔
ペイガン: 福山 潤 
ドナ: 豊崎愛生
イシュルーナ: 遠藤 綾
シラフ: 白鳥 哲
デニス: 広瀬正志

「ボトムズファインダー」
votoms2.jpg企画・製作: サンライズ
監督: 重田敦司
脚本: 関島眞頼
キャラクターデザイン: 羽山淳一
CGスーパーバイザー: 森田修平

[キャスト]
アキ: 石田 彰
ディアハルト: 森川智之
エイビィ: 広橋 涼
サンドリヨン: 折笠富美子
レッシング: 田中秀幸
メルインガル: 勝生真沙子
ダバルト: 広瀬正志

「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」
votoms1.jpg企画・製作: サンライズ
監督: 高橋良輔
脚本・絵コンテ: 池田成
キャラクターデザイン: 塩山紀生
メカニカルデザイン: 大河原邦男
アニメーション制作協力: アンサースタジオ

[キャスト]
キリコ: 郷田ほずみ
ゴウト: 富田耕生
バニラ: 千葉 繁
ココナ: 川浪葉子
ステビア: 桑島法子
ソルティオ: 陶山章央
ギャッシルマン: 櫻井孝宏
テイタニア: 松岡洋子
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集