「戦国BASARA弐」と全国各地の酒蔵がタイアップ | アニメ!アニメ!

「戦国BASARA弐」と全国各地の酒蔵がタイアップ

ニュース

 日本酒離れが進んでいる若い世代にもっと美味しい日本酒を知って貰おうと、人気アニメと全国各地の酒蔵がコラボレーションする。現在テレビ放映中のアニメ『戦国BASARA弐(ツー)』と各地の酒蔵が協力した日本酒の商品開発・販売サイト酒合戦ドットコムが、このほどオープンした。
 全国の酒蔵とのコラボレーションは6月26日の「戦国 BASARA 弐 出陣式」で明らかにされていたがいよいよ本格的に始動する。サイトでは全国各地の酒蔵から集まった自慢の日本酒と『戦国BASARA 弐』に登場する武将たちをコラボレートさせた日本酒を販売する。それぞれの日本酒は、各キャラクターに縁の深い酒蔵の銘酒を選び、『戦国BASARA 弐』のキャラクターのラベルを採用した。番組の人気を、地域の日本酒紹介に結びつける。

       basara2event.JPG
        (c)2010 CAPCON/TEAM BASARA

 第一弾として、7月下旬に伊達政宗と豊臣秀吉、竹中半兵衛、前田慶次の4人のキャラクターとコラボレーションする日本酒を発売する。伊達政宗は宮城県内ヶ崎酒造の「鳳陽」、残り3人は全て京都で豊臣秀吉の「聚楽第」は佐々木酒造、竹中半兵衛の「月の桂」は増田徳兵衛商店、前田慶次の「富扇」は北川本家となる。
 いずれも720ml、価格は税込2100円、各酒蔵の販売網を利用した販売を行うほか、酒合戦ドットコムの通販サイトでも購入出来る。参加酒蔵は既に十数社あり、さらに参加希望の酒蔵が相次いでいるとのことだ。今後発売される第二弾以降の展開も注目される。今後の発売予定とスケジュールは、順発表予定である。

 サイト酒合戦ドットコムでは、人気武将のイラストを使ったラベル、武将の土地で育まれた商品は『戦国BASARA』ファンにも満足して貰えるものだとしている。また、若い世代へのアプローチを目的に、インターネットでの販売やプロモーションのほか、Twitterでの情報発信も行い日本酒ファンの開拓を目指す。

酒合戦ドットコム /http://sake-kassenn.com/

[第一弾ラインアップ]
伊達政宗 : 鳳陽 内ヶ崎酒造(宮城)
豊臣秀吉 : 聚楽第 佐々木酒造(京都)
竹中半兵衛 : 月の桂 増田徳兵衛商店(京都)
前田慶次 : 富扇 北川本家(京都)

発売時期: 7月下旬予定
内容量: 720ml   価格:各2,100 円(税込)
販売は各酒蔵の販売網 酒合戦ドットコム通販サイト 

Twitter ID:  SakeKassenn
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集