サンライズフェス2010夏で「イデオンナイト」や「勇者ウィーク」等 | アニメ!アニメ!

サンライズフェス2010夏で「イデオンナイト」や「勇者ウィーク」等

ニュース

 大手アニメスタジオ サンライズとテアトル新宿が、タッグを組んだ上映特集「サンライズフェスティバル2010夏」が、8月7日から9月3日までおよそ1ヵ月にわたり開催される。企画が明らかになると同時に大きな話題を呼んだこのイベントの上映スケジュールが明らかになった。
 期間中、新宿テアトルのレイトショーをサンライズが70年代から制作してきたオリジナルSF作品で埋め尽くすというものだ。サンライズは「ガンダム」シリーズや「ボトムズ」シリーズなど数々の名作アニメを生み出してきたが、一カ月かけてその全貌を描き出す。

 レイトショーは4週間を4つのテーマに分けて上映する。スタートは、「アーリーサンライズウィーク」。ザンボット3やザブングル、バイファム、レイズナー、サムライトルーパーと70年代、80年代ファンから熱い支持を得た作品が登場する。
 2週目はガンダム劇場作品を集めた「ガンダムウィーク」、3週目は90年代のロボットアニメ界で一世風靡をした勇者シリーズ、そして最終週を「ボトムズウィーク」で締めくくる。通常は映画特集企画では劇場映画が中心となり、テレビアニメ取り上げられることが少ない。今回はテレビ作品にもフォーカスしているのが特徴である。それだけに往年の名作を大型スクリーンで観る数少ない機会となる。

 注目される作品、企画も数多い。8月7日には、前夜祭として「イデオンオールナイト」を実施する。富野由悠季監督の代表作とされる『伝説巨神イデオン』は、未だカルトな人気を誇る80年代の始まりを飾るロボットアニメの名作である。今年で放送開始30周年を迎える。
 このイデオンナイトも含めて、毎週土曜日に行われるオールナイトイベントはいずれも見逃せない。『魔神英雄伝ワタル』の「ワタルナイト」、宇宙世紀ガンダムを集中的に取り上げる「みんなの宇宙世紀ナイト」。8月28日は勇者シリーズの中でもひと際高い人気の『勇者王カオカイガー』の「ガオカイガーナイト」、9月3日の「ボトムズナイト」で、イベントの幕を閉じる予定だ。

 チケットは全席指定席、レイトショーは1作品1500円(サービスデーの割引あり)、オールナイトは4000円均一、このほかテーマごとで括られたワンウイークプラチナチケットも販売される。詳しくは、「サンライズフェスティバル2010夏」にて確認出来る。
 詳しい上映作品やスケジュール、チケットの発売方法は今後随時発表予定。懐かしの作品を幅広い年代からセレクトしており高い人気は必至、今後も目を離せない。

サンライズフェスティバル2010夏 /http://www.sunrisest.jp/sunfes2010/

[上映スケジュール]

8月7日(土)
前夜祭オールナイト(イデオンナイト)

8月8日(日)~8月14日(土)
アーリーサンライズウィーク
「無敵超人ザンボット3」/「戦闘メカ ザブングル」/「銀河漂流バイファム」/「蒼き流星SPTレイズナー」「鎧伝サムライトルーパー」他
8月14日(土)「ワタルナイト」

8月15日(日)~8月21日(土)
ガンダムウィーク
「劇場版 機動戦士ガンダム」/「劇場版 機動戦士Zガンダム」/「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」「劇場版∀ガンダム」他
8月21日(土)「みんなの宇宙世紀ナイト」

8月22日(日)~8月28日(土)
勇者ウィーク
「勇者エクスカイザー」/「勇者特急マイトガイン」/「勇者指令ダグオン」/「勇者王ガオガイガー」他
8月28日(土)「ガオガイガーナイト」

8月29日(日)~9月3日(金)
ボトムズウィーク
「装甲騎兵ボトムズ」/「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ」/「装甲騎兵ボトムズ 幻影篇」他
9月3日(金)「ボトムズナイト」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集