DeNAとドコモ有料携帯雑誌 松本零士、江川達也、倉田真由美ら | アニメ!アニメ!

DeNAとドコモ有料携帯雑誌 松本零士、江川達也、倉田真由美ら

ディー・エヌ・エー(DeNA)とNTTドコモの共同出資会社株式会社エブリスタは、6月7日から有料の携帯総合雑誌「E★エブリスタプレミアム」をスタートする。「E★エブリスタプレミアム」は月額税込み210円で、毎月およそマンガ雑誌で500ページ分

ニュース
 ディー・エヌ・エー(DeNA)とNTTドコモの共同出資会社株式会社エブリスタは、6月7日から有料の携帯総合雑誌「E★エブリスタプレミアム」をスタートする。「E★エブリスタプレミアム」は月額税込み210円で、毎月およそマンガ雑誌で500ページ分にも相当するコンテンツを配信する。DeNAの新たなコンテンツビジネス進出として注目される。
 「E★エブリスタプレミアム」のコンテンツは、小説やマンガ、エッセイから構成される。著名なマンガ家や作家、さらにタレントまで魅力的な連載陣が並ぶ。エブリスタは、「紙のない初の本格的ケータイ総合雑誌」として積極的に売り込んで行くが、当初はこのクリエイター陣の名前が大きな売りとなる。

 配信作品のうちマンガ作品にも、誰もが知っている大物が参加している。松本零士さんが『幻想新幹線0』を、江川達也さんが『あああああい先生』を描く。さらに『だめんず・うぉ〜か〜』などで知られる倉田真由美さん、シュールなギャグを得意とする蛭子能収さん、そして『夜王』の井上紀良さんなどの名前も挙がる。名前がよく知られているだけでなく、作品のジャンルが多岐に渡っていることが特徴だ。
 また小説では梁石日さん、みうらじゅんさん、さらにエッセイ・スポーツでは香山リカさん、中田英寿さんとこちらも大物が多い。DeNAとNTTドコモにとって、「E★エブリスタプレミアム」がかなり力の入ったプロジェクトであることが伺われる。

 しかし、一方でエブリスタのビジネスには全く別の方向性もある。新しいクリエイターの発掘・育成である。6月7日には、「E★エブリスタプレミアム」と同時に無料サービスの「E★エブリスタ」もオープンする。こちらはユーザー投稿によってコンテンツを拡大して行くUGC型のサイトだ。
 エブリスタは現在、角川グループ、手塚プロダクション、『戦国BASARA 弐(ツー)』などと協力して「E★エブリスタ」を利用した賞金総額700万円のコンテストを実施している。入賞者は「E★エブリスタプレミアム」でのデビューも可能となる。有名作家と並んで自作が掲載されるのは、コンテストの大きな魅力となるだろう。
 一方、エブリスタは将来的には自社の育てたクリエイターを「E★エブリスタプレミアム」連載陣に並べ、そこからビジネスを展開するという図を描いているのだろう。雑誌の需要が携帯に大きく奪われているといわれる中、携帯の側が雑誌のビジネスモデルを取り入れる。新しい時代を感じさせる試みだ。

「E★エブリスタ」 /http://estar.jp

作品ラインアップ(一部を抜粋)

[小説]
梁石日 『大いなる時を求めて』
みうらじゅん 『仏像少年』
向山貴彦 『ほたるの群れ』

[コミック]
松本零士 『幻想新幹線0』
江川達也 『あああああい先生』
倉田真由美 『お天気お兄さん』
蛭子能収 『田中の冒険』
井上紀良 『ログ・イン 』

[エッセイ]
VAMPS 『VAMPS on the ROAD』
成海璃子×平間至 『ナルミカメラ』
サンボマスター 『お詫びと訂正~ごめんなさいじゃすみません~』
持田香織 『もちだより』
香山リカ 『結局、女はカラダが一番!』
小森純 『小森純のみんなで男の胃袋掴むぞレシピ』

[スポーツ]
中田英寿 『中田英寿が語るワールドカップ 』
団長(安田大サーカス) 『団長安田のお笑い自転車倶楽部』
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集