ノイタミナ初の実写作品「もやしもん」のOP、ED決定 | アニメ!アニメ!

ノイタミナ初の実写作品「もやしもん」のOP、ED決定

々の人気アニメを生み出してきたフジテレビ「ノイタミナ」初の実写作品『もやしもん』が、7月8日よりノイタミナほかで放映を開始する。

ニュース
moyashimon.jpg 数々の人気アニメを生み出してきたフジテレビ「ノイタミナ」初の実写作品『もやしもん』が、7月8日よりノイタミナほかで放映を開始する。原作は石川雅之さんが「イブニング」に連載中のヒットマンガ『もやしもん』、都内の農大を舞台に菌を見ることの出来る不思議な能力のある沢木惣右衛門直保を主人公とする物語の実写ドラマ化だ。
 実は『もやしもん』の映像化はこれが初めてではない。2007年秋にはアニメ化されやはりノイタミナで放映され、大好評を博した。今回の実写版制作をするのは、このアニメ版にも制作で参加した白組である。

 もともとノイタミナ(NOITAMINA)のタイトルは、「ANIMATION」を逆さから呼んだ言葉に由来する。それはこれまでにないアニメーションを届けるとのコンセプトを持ったものだ。
 そんなノイタミナに敢えて実写作品を投入するからには普通のドラマで終わるわけがない。登場する菌たちを『ALWAYS 三丁目の夕日』をはじめ、数々の実写映画、アニメーション作品で、高い評価を受けてきた白組がその技術をフルに活かし、CGアニメーションで表現する。実写+CGアニメーションによる新世代の映像が登場する予定だ。

 そうした新しい映像を音楽の面から支えるオープニング・テーマとエンディング・テーマもこのほど発表された。オープニングは田村歩美のソロプロジェクトとしてマルチな才能を発揮するたむらぱんの「SOS」、そして、エンディング・テーマはHIPHOPアーティストとして高い評価を受けるSEAMOの「海へいこう」だ。
 それぞれ異なった表情の持つ作品だが、いずれも今回の作品のために書き下ろしたものだ。ふたりが受けとめた異なった『もやしもん』の姿を聴き比べてみるのも面白いかもしれない。それは『もやしもん』の世界をさらに広がるものとなりそうだ。
画像: (C)石川雅之・講談社/ドラマ「もやしもん」製作委員会

ドラマ『もやしもん』 公式サイト /http://moyashimon.noitamina.tv

[オープニング・テーマ]
たむらぱん 「SOS」
(コロムビアミュージックエンタテインメント) 7 月21 日(水)リリース

[エンディング・テーマ]
SEAMO「海へいこう」 (アリオラジャパン) 8 月4 日(水)リリース
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集