ジャンプ連載「ぬらりひょんの孫」 アニメ化決定7月放映開始 | アニメ!アニメ!

ジャンプ連載「ぬらりひょんの孫」 アニメ化決定7月放映開始

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)連載の『ぬらりひょんの孫』のアニメ化が3月1日に発表された。2010年7月からテレビ放映を開始する。

ニュース
 「週刊少年ジャンプ」(集英社)連載の『ぬらりひょんの孫』のアニメ化が3月1日に発表された。2010年7月からテレビ放映を開始する。原作は現在まで単行本9巻までを発売し、累計300万部を突破した人気作品だ。アニメ化発表と同時に公式サイトもオープンし、アニメのビジュアルの一部と最新情報が公開されている。
 さらにコナミによるカード・ゲーム化も決定しており、アニメ化に合わせて今後様々な展開がされるそうだ。また3月28日には、東京ビッグサイトで行われる東京国際アニメフェア2010にて制作発表イベント開催も決定した。アニメフェアのステージで最新情報が明らかにされる。

 『ぬらりひょんの孫』は、2008年より椎橋寛さんが「週刊少年ジャンプ」に連載を開始した。作品は魑魅魍魎、百鬼夜行の妖怪を率いる総大将ぬらりひょんの血を1/4引き継ぐリクオが主人公。普段は普通の中学生として生活を送る。
 しかし、仲間の危機には、東日本の妖怪総元締の妖怪一家「奴良組」三代目継承者の血が覚醒、次々に襲い掛かる敵をなぎ倒していく。個性豊かな妖怪たちとアクションシーンが見所になる。

 気になる声優陣は、2009年12月に発売され好評を博したドラマCDのキャストが再び集結した。リクオの声を演じるのは、人気声優の福山潤さん。そして、リクオのクラスメートの美少女 家長カナ役は平野綾さん、ぬらりひょんを大塚周夫さんが担当する。作品に登場する妖怪たちも、人気声優ばかりと豪華過ぎる布陣が声優ファンにも見逃せないものとなる。
 アニメ制作には『地獄少女』や『ヘタリア』、『マリア様がみてる』などを人気作品を数多く手がけたスタジオディーンが担当する。こちらも大きな期待が持てそうだ。

『ぬらりひょんの孫』 公式サイト /http://www.nuramago.jp

原作: 椎橋寛(集英社「週刊少年ジャンプ連載」)
アニメーション制作: スタジオディーン

[キャスト]
奴良リクオ: 福山 潤
家長カナ: 平野 綾
雪女: 堀江由衣
青田坊: 安元洋貴
黒田坊: 鳥海浩輔
首無: 櫻井孝宏
鴆: 杉田智和
牛鬼: 中田譲治
牛頭丸: 吉野裕行
馬頭丸: 保志総一朗
鴉天狗: 間島淳司
花開院ゆら: 前田 愛
清継: 谷山紀章
ぬらりひょん: 大塚周夫
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集