「GALACTICA」 ファイナル・シーズン【結:season4】DVD化決定 | アニメ!アニメ!

「GALACTICA」 ファイナル・シーズン【結:season4】DVD化決定

ニュース

G_S4_BOX1_3D.jpg 米国のSFテレビドラマ『GALACTICA/ギャラクティカ』のファイナル・シーズン【結:season4】が、5月28日にDVD-BOXのリリースを開始する。【結:season4】は2月17日より、CS局Super drama! TVで日本独占初放送が始まったばかりだが、いよいよDVDでも国内での完結に向かう。
 5月28日にDVD-BOX1を発売後、7月23日のDVD-BOX2を発売する。DVD-BOX1は本編10話分を収録するほか、同じ10話分の製作者、脚本家によるコメンタリーも収録する。テレビ未視聴のファンは勿論、テレビ視聴の後でも十分楽しめる。価格は税込み15750円。

 『GALACTICA/ギャラクティカ』は、SF映画の歴史的作品である『宇宙空母ギャラクティカ』を2000年代の映像技術と感性で、全く新しい作品に再構成したものだ。2003年に米国で放映されると、その重厚なストーリーと映像で大ブームを巻き起こした。
 人型ロボットサイロンとの終わりなき戦いを描く。バトルスター ギャラクティカの人々は【結:season4】では、希望の星13番目のコロニー「地球」を目指す。地球は本当に存在するのか、人型サイロンの秘密とは、戦いは終結するのか、全ての物語が最終地点へ突き進む。
 これまでにも数々の賞に輝いてきた『GALACTICA/ギャラクティカ』だが、この【結:season4】も、これまで同様に高い評価を受けている。第61回エミー賞音響編集賞、第7回米国視覚効果協会賞TVシリーズ視覚効果賞、そしてSF作品の頂点ともいうべきサターン賞では、CATVシリーズ作品賞、主演男優賞、主演女優賞の主要3部門受賞し、その人気と評価を見せつけた。

 また、『GALACTICA/ギャラクティカ』は国内では各界クリエイターや映像作品のトレンドセッターに人気の作品として注目されている。昨年9月には外伝にあたる『RAZOR/ペガサスの黙示録』のDVD発売の際には、「GALACTICAサーガ補完計画」と題したイベントが行われ日本のSF映画を代表する樋口真嗣監督と庵野秀明監督がスペシャルトークを行った。
 今回は完結編ということもあり、益々大きな盛り上がりを見せそうだ。2月16日からは、地上波として日本テレビにてシーズン2の放送開始している。こちらから視聴してみるのもよいだろう。
Film (c) 2008/2009 Universal Studios. All Rights Reserved.

『GALACTICA/ギャラクティカ』 公式サイト /http://www.galactica-saga.com/ 

当サイトの関連記事
/樋口、庵野両監督も絶賛「GALACTICA」 エミー賞で音響編集賞
/庵野秀明×樋口真嗣 ギャラクティカを語る

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集