神戸からアニメ文化発信 クリエイターも集まる連続イベント | アニメ!アニメ!

神戸からアニメ文化発信 クリエイターも集まる連続イベント

ニュース

 関西地区のアニメ文化を活性化させる目的で、神戸市の様々な団体が集まって「関西発―アニメ文化の推進と観光化宣言」を開催する。イベントは新しいかたちのアニメスタジオ「株式会社 神戸デザインクリエイティブ アニタス神戸」がオープンするのに合わせたものだ。
 アニタス神戸は日本アニメーター・演出協会や神戸芸術工科大学の協力により、関西圏には珍しい新設のアニメスタジオとして3月にオープンする。2月28日、3月7日、14日、22日の4日間、イベント期間中にアニタス神戸の一般公開(見学会)とアニメーターの体験などを行う。地域に開かれたアニメスタジオがスタート当初より目指す。

 このほかにアニメの上映会や講演会なども行う。講演にはアニメ制作の最前線で活躍する多数のクリエイターが出演するのが魅力になっている。まず初日2月28日には、「関西発―アニメ文化の推進と観光化宣言」と題したシンポジウムが行われる。
 コーディネーターの神村幸子さん、パネリストの中谷誠一さん、西田亜沙子さんとベテランアニメーターが登場する。またアニタス神戸事務部長の高橋宏一さんも参加する。アニメーターの視点からアニメ文化を語る。
 さらに3月7日には芦田豊雄さんの講演「アニメーション監督の仕事」、14日に追崎史敏さんの「ケロロのキャラクターデザイナーがやってくる!」、22日には遊佐かずしげ 「NHK時代劇「陽炎の辻」タイトル・アニメーションはこうして作られた」といったプロフェッショナルが制作の秘密を紹介するプログラムが充実する。

 主催者によれば、現在の日本のアニメ産業は東京一極集中となっている。こうした状況に変化を与えるべく、アニタス神戸は設立された。「関西発―アニメ文化の推進と観光化宣言」は、アニメ通じた地域の活性化とアニメを通じて多くの人が元気で活力ある生活を送れることを目指す。
 会場は鉄人28号の実物大像でも話題を呼んだ、長田地区に近い。アニメを基点による地域活性化が広がりつつある。

アニタス神戸 /http://www.kobe-du.ac.jp/anitus-kobe/

関西発―アニメ文化の推進と観光化宣言 主なイベント
http://www.kobe-du.ac.jp/anitus-kobe/pages/news_contents/0228_coscolle.html

2月28日(日) 
14時~15時半  
シンポジウム「関西発―アニメ文化の推進と観光化宣言」
パネリスト:
中谷誠一  (アニメーター)
西田亜沙子 (アニメーター)
高橋宏一 (神戸デザインクリエイティブ アニタス神戸 事業部長)
コーディネーター 神村幸子 (アニメーター)

3月7日(日)
10時~11時  アニメ上映会『三国志』
11時~12時  「アニメーション監督の仕事」 講師 芦田豊雄

3月14日(日)
13時~14時  「ケロロのキャラクターデザイナーがやってくる!」講師 追崎史敏 
14時~15時 アニメ上映会『キャラ丸君とドク丸君がやってくる』

3月22日(月:祝日)
13時~14時 「NHK時代劇「陽炎の辻」タイトル・アニメーションはこうして作られた」
講師 遊佐かずしげ 
14時~15時 アニメ上映会『巨神ゴーグ』

主催: アニメ文化推進委員会(NPO法人KOBE鉄人プロジェクト、株式会社神戸ながたティ・エム・オー、新長田まちづくり株式会社、神戸プラネット(神戸映画資料館)、株式会社神戸デザインクリエイティブ(神戸芸術工科大学))
場所 : 神戸市新長田
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集