オランダから猫のアニメーション「こねこのピムとポム」 CNで放送 | アニメ!アニメ!

オランダから猫のアニメーション「こねこのピムとポム」 CNで放送

ニュース

PimPom.jpg アニメーション専門チャンネルのカートゥーンネットワークは、4月3日より短編アニメーション『こねこのピムとポム』の放送を開始する。グレーの縞模様の猫ピムと黒猫のポムの2匹が毎回小さな冒険を繰り広げる、子供から大人まで楽しめる作品である。
 また、今回は物語を本の読み聞かせ風に紹介する。ナレーターを2児の母親である女優の菊池桃子さんが務める。ナレーションのほか、ピムとポムの声、さらにお姉さんやお医者さん、ボーイフレンドまで、ひとりで9役をこなす。菊池桃子さんの優しい声での演じ分けが、見所のひとつだ。

 『こねこのピムとポム』の原作は、オランダの著名なイラストレーター フィープ・ヴェステンドルプさんの描く絵本。1952年の発表以来、オランダではディック・ブルクッナーの描く「ミッフィー」と並ぶ人気がある。
 2008年に初めて、オランダのアニメーション制作会社によって映像化された。日本ではあまり紹介されることのないオランダ・アニメーションである。ヨーロッパらしいスタイリッシュさと可愛さが、子供だけでなく大人たちにも人気を呼びそうだ。

 番組放送は4月3日土曜日スタート、毎週土曜日と日曜日、13時から13時20分までの放送となる。1話5分、全26話のミニシリーズである。副音声がオランダ語となっているのも珍しい。海外の人気アニメーションを多数放送するカートゥーンネットワークだが、『こねこのピムとポム』は一際異彩を放つことになる。
(C)Pim & Pom bv; Fiep Westendorp Illustrations

カートゥーン ネットワーク /http://www.cartoon.co.jp/

『こねこのピムとポム』 
4月3日(土)より 毎週土曜・日曜 13時~13時20分
1話5分・全26話/オランダ制作(2008-2009年)
副音声:オランダ語
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集