アカデミー賞VFX部門7作に絞り込み ノミネートは3作品 | アニメ!アニメ!

アカデミー賞VFX部門7作に絞り込み ノミネートは3作品

 今年3月7日に発表される第82回米国アカデミー賞のVFX部門視覚映像賞の二次選考通過作品が、米国映画科芸術アカデミーから発表された。この選考は視覚映像賞の対象となるノミネート作品の予備選考の役割を果たしている。  すでに2009年12月11日に一次選考結果(semifi

ニュース
 今年3月7日に発表される第82回米国アカデミー賞のVFX部門視覚映像賞の二次選考通過作品が、米国映画科芸術アカデミーから発表された。この選考は視覚映像賞の対象となるノミネート作品の予備選考の役割を果たしている。
 すでに2009年12月11日に一次選考結果(semifinalists)の15作品が発表されているが、今回はそれをさらに7作品に絞り込んだ。この中からアカデミー賞視覚映像部門の審査員の投票により、ノミネート3作品が決定する。受賞までには一次選考、二次選考、ノミネートと実に3段階も選考を経ることになる。

 2次選考作品は、新時代の3D映像が大反響を巻き起こしている『アバター』のほか、『第9地区(District 9)』、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』、『スター・トレック』、『ターミネーター4』、『トランスフォーマー/リベンジ』、『2012』である。この段階で、アニメーション映画と一般映画は全てふるい落とされ、VFXを前面に押し出したSF映画とファンタジー映画に絞られた。
 今後は、2月2日にノミネート作品が発表される。また、3月7日には、ハリウッドのコダックシアターで行われる授賞式で受賞作品が決定する。

当サイトの関連記事
/米国アカデミー賞VFX部門 一次選考に「アバター」等15作品

米国映画科芸術アカデミー アカデミー賞 /http://www.oscars.org/

[視覚効果(VFX)賞 二次選考通過作品]

 ■ 『アバター』 
 ■ 『第9地区』
 ■ 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 
 ■ 『スタートレック』 
 ■ 『ターミネーター4』 
 ■ 『トランスフォーマー/リベンジ』 
 ■ 『2012』 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集