「マイマイ新子」阿佐ヶ谷でアンコール上映 さらに各地で公開 | アニメ!アニメ!

「マイマイ新子」阿佐ヶ谷でアンコール上映 さらに各地で公開

ニュース

1226maimai.jpg 片渕須直監督が芥川賞作家 高樹のぶ子さんの原作を劇場アニメとした『マイマイ新子と千年の魔法』が、1月9日から29日まで東京・ラピュタ阿佐ヶ谷でアンコール上映されることが決定した。毎日、20時50分から上映を行う。
 『マイマイ新子と千年の魔法』は、11月21日に全国公開、その後12月18日にファーストランが終了した。しかし、劇場を訪れた観客から、作品を絶賛する声が相次ぎ、より多くの人に作品を観て欲しいと上映の延長を求める署名活動が起きるなど異例の展開を見せた。

 これを受けて12月19日から26日までのラピュタ阿佐ヶ谷での8日間限定レイトショーが実現した。レイトショーとなったのは、作品を子供たちだけでなく、より幅広い世代大人にも映画を観て貰いたいというものである。
 こうした熱い思いで実現した8日間限定レイトショーは8日間全回が満席、午前中に配布される入場整理券が数時間でなくなるほどの大盛況となった。今回のアンコール上映は、こうした結果を受けてのものになる。優れた作品が見過ごされることはない、そんな当たり前のことを確認させてくれるムーブメントである。

 限定レイトショーでは、毎日、映画の関係者がファンへの御礼のために舞台挨拶に立った。なかでも片渕須直監督は、8日間毎日劇場に姿を見せた。
 そして、今回のアンコール上映の決定について、「初日舞台挨拶のような気分を毎日味わっています。アンコール上映が決まったのは、こうして詰めかけてくれるお客さんのおかげ。観ていただいた人の心の中で完結する映画です。少しでも多くの人に観てもらえる環境を整えていきたい」とその気持ちを語る。

 『マイマイ新子と千年の魔法』は、ラピュタ阿佐ヶ谷以外の劇場でも公開される。12月26日からは岩国ニューセントラル、下関スカラ座、萩ツインシネマと映画の舞台となった地元山口県の3館とフォーラム那須塩原と山形フォーラムで上映が始まった。
 また、1月9日からはMOVIX清水(静岡)、MOVIX利府(宮城)、福島フォーラム(福島)、MOVIX倉敷(岡山)、MOVIX日吉津(鳥取)、シネマサンシャイン大街道(愛媛)の全国6館での公開を予定する。今後も息長く愛されそうだ。

『マイマイ新子と千年の魔法』 公式サイト /http://www.mai-mai.jp/

『マイマイ新子と千年の魔法』アンコール上映
実施劇場: ラピュタ阿佐ヶ谷
2010年1月9日(土)より1月29(金)まで。毎日20時50分より上映

[12月26日より公開]
フォーラム那須塩原(栃木)/山形フォーラム(山形)/岩国ニューセントラル(山口)/
下関スカラ座(山口)/萩ツインシネマ(山口)

[1月9日より公開]
MOVIX清水(静岡)/MOVIX利府(宮城)/福島フォーラム(福島)/MOVIX倉敷(岡山)/MOVIX日吉津(鳥取)/シネマサンシャイン大街道(愛媛)

        maimai1.jpg
    (c)2009 髙樹のぶ子・マガジンハウス/「マイマイ新子」製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集