「アバター」ジャパン・プレミアに キャメロン監督、J・ランドー氏来日 | アニメ!アニメ!

「アバター」ジャパン・プレミアに キャメロン監督、J・ランドー氏来日

 これまでにない映像体験として先週末米国公開された3D映画『アバター』が、12月23日に日本でもいよいよ公開される。公開を目前にした12月21日、TOHOシネマズ六本木で、国内著名人も多数参加したジャパンプレミアが開催された。  そして、ジャパンプレミアには12年ぶ

イベント・レポート
Avatar12222.jpg これまでにない映像体験として先週末米国公開された3D映画『アバター』が、12月23日に日本でもいよいよ公開される。公開を目前にした12月21日、TOHOシネマズ六本木で、国内著名人も多数参加したジャパンプレミアが開催された。
 そして、ジャパンプレミアには12年ぶりの来日となるジェームズ・キャメロン監督とプロデューサーのジョン・ランドー氏も姿を見せた。12年前の来日は、世界的に空前の大ヒットを記録した前作『タイタニック』に合わせたものである。今回も前作と同様の大型話題作を携えての日本となる。

 そしてキャメロン監督は日本での公開について、「東京では、97年の『タイタニック』のワールドプレミアを行いました。それで、世界中に成功が広まっていったので、東京は私達にとって大変ラッキーな場所なんです。この場所で、『アバター』を公開できるを喜ばしく思っています」と、日本からさらに『アバター』の人気が広がって行く願いが語られた。
 また、「ハートに訴える映画です。ただのアクション、映像の凄さだけでは無く、ハートを動かすものであるという事です。この映画は7歳~70歳を越えた方まで、全年齢、男女を問わず、観ていただけるそういう素晴らしい映画になっていると思います」と既に世界的なヒットになっている同作に自信をみせた。

 日本での初上映に、会場に訪れた著名人も豪華である。作品のイメージを踏襲したブルーカーペット・パフォーマンスには、滝川クリステルさん、沢村一樹さん、神田うのさん、高橋ジョージさん&三船美佳さん夫妻、塚本高史さん、山崎静代さん、穂のかさん、ダンテ・カーヴァーさんらが登場した。
 この様子は3D映像が注目される作品ということもあり、大阪へ3D生中継が行われた。東西でライブ感溢れる体験が実現した。また、舞台挨拶では登壇者全員が3Dメガネをかけるパフォーマンスも行い、新時代の映像をアピールした。

       Avatar12221.jpg

 ジェームズ・キャメロン監督の大ファンという滝川クリステルさんは、映画を既に鑑賞しその際には4、5回は泣いたと話した。そして、今回初体験となった3D映画については、別世界に誘われたよう、終わった後もしばらくその世界にいるような気分が続いたという。
 そして「本当に素晴らしい映画で、絆というか、命のつながりを凄く感じさせていただきました。本当に素晴らしかったです。日本の公開はクリスマスイヴの前日でもあるので、ロマンティックな時に始まるので、本当に神秘的な映像で、引き込まれるような映像美を感じられると思いますので、この世界を素敵な人と観て楽しんでいただきたいと思っております」と映画の感動を結んだ。

『アバター』 /http://www.avatarmovie.jp
12月22日 3D特別前夜祭決定(一部劇場を除く)
12月23日 TOHOシネマズ日劇他にて全国拡大ロードショー
20世紀フォックス映画 配給
(C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集