明大アニメ・声優研シンポに氷川竜介、喜屋武ちあきら参加 | アニメ!アニメ!

明大アニメ・声優研シンポに氷川竜介、喜屋武ちあきら参加

ニュース

 明治大学アニメ・声優研究会が、12月6日に開催する大型シンポジウム「アニメ・マンガ文化の10年」にアニメ評論家の氷川竜介さん、タレントの喜屋武ちあきさん、アニメプロデューサーでジェネオン・ユニバーサルの上田耕行さんが参加することが発表された。
 シンポジウムはこれまでに、アニメ監督の谷口悟朗さん、明治大学の森川嘉一郎さんの出演が決まっており、今回の発表はこれに続くものである。様々なフィールドからのゲストが、イベントを大きく盛り上げることになりそうだ。

 「アニメ・マンガ文化の10年」は、明治大学公認団体サークルである明治大学アニメ・声優研究会が、創立10周年を記念して開催する。研究会のこれまでの企画イベントよりも、内容をアカデミックに寄せたシンポジウムとする。
 アニメ・マンガに縁の深い有識者を招き、過去10 年間の「アニメ・マンガ文化」を振り返る。そのうえで文化の現在・未来などについて討論を行う予定だ。

 今回新たなゲストに決まった氷川竜介さんは、1980年代よりアニメ・特撮をフィールドに様々な言論活動を行ってきた。アニメ文化の現在と過去を最も知る人物の一人と言っていいだろう。
 また、喜屋武ちあきさんは「ガンダム」シリーズを中心とした、アニメ好きのタレントとして有名だ。そのアニメに対する深い知識と愛情は、様々番組などを通じて知られている。アニメプロデューサーの上田耕行さんは、『serial experiments lain』やOVA『HELLSING』といった話題作、人気の作品を数多く手掛けてきた。

 今回の決定で、シンポジウムはアニメの監督、プロデューサー、評論家、さらに学者、タレントとかなり幅広い出演者となる。アニメでつながった異種格闘技といった趣もある。
 シンポジウムの詳細は、公式サイトの特設ページで確認出来る。また、今後の新たな情報も、こちらに順次アップされる予定だ。

シンポジウム「アニメ・マンガ文化の10年」
/http://meiseikai.hp.infoseek.co.jp/event/index.html

開催日: 2009年12月6日(日) 13時~16時半
会場: 明治大学 駿河台キャンパス リバティータワー 1001 教室
主催: 明治大学アニメ・声優研究会
共催: 明声会(明治大学アニメ・声優研究会 公式OB・OG会)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集