豪華アーティストが集結!「TAMアニメソングライブ」 | アニメ!アニメ!

豪華アーティストが集結!「TAMアニメソングライブ」

イベント・レポート

 10月23日、東京・品川ステラボールで、人気のアニメソングを歌うアーティストを集めた「TOKYO ASIA MUSIC MARKET(以下、TAM) アニメソングライブ」が開催された。
 今年6回目となる「TAM」は、日本の魅力的なアーティストと音楽コンテンツを、アジアや欧米諸国に発信することを目的としたイベント。この日のライブには、飛蘭(フェイラン)、Kimeru、Sphere、戸松遥、Keno(キーノ)、ELISA、牧野由依、下川みくに、生沢佑一、腐男塾と、10組の豪華アーティストが出演した。

       faylan.jpg

 まず、ライブのトップバッターを飾ったのは、飛蘭さん。アニメ『喰霊-零-』の挿入歌である『Dark Side of the Light』、アニメ『CANAAN』のオープニング曲『mind as Judgment』を熱唱した。その力強い歌声に、会場に招待された2000人の観客も熱狂し、大きな歓声が響いていた。

       Kimeru.jpg

 次に登場したKimeruさんは、アニメ『テニスの王子様』の初代エンディング曲『You got game?』、アニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』の5代目オープニング曲『OVERLAP』 を披露。歌だけでなく、巧みなMCで観客のテンションを上げ、会場の熱気がどんどんヒートアップした。

       sfia.jpg

 そんなこの日最高潮のフィーバー状態の中、登場したのが、女性声優4人組のSphereだ。会場のファンに大きな声援をおくられながら、4人はデビュー曲でアニメ『初恋限定。』のオープニング曲『Future Stream』、アニメ『宙のまにまに』のオープニング曲『Super Noisy Nova』をキュートに歌い上げた。そして、メンバーの戸松遥さんがソロのステージの準備をしている間、3人がMCでも会場を沸かせた。「ハロー、エブリワン!」と英語で挨拶をし、新シングルと1stアルバムの発売を報告するなど、ファンを喜ばせていた。

              tomatsu-san.jpg

 満を持して登場した戸松遥さんは、アニメ『かんなぎ』のオープニング曲『motto☆派手にね!』を披露。アニメのオープニングでは、この曲に合わせてヒロインのナギ(声は戸松さんが担当)がかわいくダンスしているのだが、戸松さんも同じ振り付けで熱唱。まるでナギがそのまま現実の世界に降臨したのかと錯覚を覚えるほどのかわいさだった。

       keno.jpg

 4組目に登場したKenoは、アニメ『HUNTER×HUNTER』のオープニング曲『おはよう。』をさわやかに歌い上げた。この曲を久しぶりに歌ったというKenoのHIROさんは、2000年から“成海カズト”としてアーティストに楽曲提供を行っているそう。この日は特別に、昨年倖田來未に提供した『stay with me』をセルフカバーし、会場をうっとりさせた。

              ELISA.jpg

 5組目に登場したELISAさんは、デビュー曲でアニメ『ef - a tale of memories.』のオープニング曲『euphoric field』と、アニメ『とある科学の超電磁砲』のエンディング曲『Dear My Friend -まだ見ぬ未来へ-』を披露。とにかくキレイな、透きとおるような高音に、会場はすっかり魅了されてしまった。

       makino-sun.jpg

 次に登場した牧野由依さんも、ELISAさんに負けず劣らずの美声で、ゲーム『アークライズファンタジア』の挿入歌と、『たんぽぽ水車~Yui Makino Version~』を歌った。儚くも力強い声は、会場を一気に“牧野由依ワールド”にしてしまうほどの強烈なインパクトがあった。牧野さん本人が「私の歌はゆるりと聴いていただいて、一息つける時間になったら……」と言ったように、しばしの癒しタイムとなった。

       simokawa-san.jpg
 ゆったりムードを一気に払拭したのが、デビュー10周年の下川みくにさんだ。アニメ『フルメタル・パニック? ふもっふ』のオープニング曲『それが、愛でしょう』と、アニメ『フルメタル・パニック! The Second Raid』オープニング曲『南風』を披露。「前半からすごい熱気で、“みんな、後半までその熱気がもつの!?”と心配になりました」と、冗談交じりに話した下川さんだったが、そんな心配は一切無用。彼女のエモーショナルな歌声に、会場は大盛り上がりだった。

       ikusawa.jpg

 さらに会場をアツくさせたのが、ゲーム『斬魔大聖デモンベイン』の主題歌『機神咆吼ッ! デモンベイン!』と、アニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』のオープニング曲『WARRIORS』をワイルドに歌い上げた、生沢佑一さんだ。ハードロック出身の生沢さんのハスキーでヘビーな歌声が会場にとどろき、観客のハートをしびれさせたに違いない。

       fudanjuku.jpg

 そして、トリを飾ったのは、男装した(?)女性7人組(当日はメンバーのひとりが体調不良で欠席)の腐男塾だ。この日の出演者の中で、最も日本にオタクカルチャーを象徴する存在だった彼女たち(?)は、『勝つんだ!』『ヤッターマンの歌』を元気に披露。会場は終始大フィーバーのまま、幕を閉じた。
【遠藤麻衣】

第6回東京アジアミュージックマーケット /http://www.tamm.jp/ja/index.html
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集