TCMアワード大賞 CGアニメ「Yans!Gans!」に決定 | アニメ!アニメ!

TCMアワード大賞 CGアニメ「Yans!Gans!」に決定

ニュース

 クリエイターの見本市を掲げる東京コンテンツマーケット(TCM)2009が、10月14日から16日まで東京ビッグサイトの東1ホールで開催される。開催に先立ち出展作品の中から選考されるTCMアワードの各賞が発表された。
 最優秀作品に与えられるアワード大賞には、ボーナス株式会社のCGアニメ『Yans!Gans!MEAT OR DIE_01』が選ばれた。さらにTCMアワード2009審査員特別賞に4作品、サポーターズ企業各社が選ぶTCMアワード2009サポーターズ賞には9作品が選ばれた。

 TCMアワードの特長は、作品自身の評価に加えて、市場性、娯楽性、発展性とビジネス面での展開の可能性を謡っていることである。市場性は作品に対してマーケットのニーズが存在すること、娯楽性ではエアンタテイメント作品であること、発展性では複数のメディアで展開出来ることを求めている。芸術性が強く求めらる多くのコンテストを一線を画したユニークなものとなっている。
 TCMは経済産業省の関東経済産業局が主催、首都圏情報ベンチャーフォーラムが協力するなど、もともとコンテンツ関連分野の中小企業や個人事業の育成、振興を目指して誕生した。アワードは出展者の作品を候補として選考する。市場性、娯楽性、発展性という審査基準には、こうしたことが背景にある。

 そうしたなかで今回大賞となった『Yans!Gans!MEAT OR DIE_01』は、腹を空かせた恐竜が共喰いを始めるというもの。鮮やかな色彩の3DCGアニメとして表現されている。受賞者のボーナス株式会社によれば本作は独立後第1作、「このような栄誉に恵まれ大感激です」とのことだ。
 また、作品は全108話の展開予定しているという。製作費は確保はまだ一部としており、スポンサーシップやパートナー会社を期待しているとする。作品はポリゴン・ピクチュアズからサポーターズ賞も獲得している。

 受賞作にはこのほかにも、審査員特別賞を受賞したグレープシティ株式会社ワインスタジオスが伊達政宗を取上げた『戦国驍刃デュラハン』やサポーターズ賞の『Pico 音を奏でる者』(株式会社ピコナ)、『Glass in Love』(株式会社アニマ)、『炬燵猫』(弥栄堂フヰルム)などアニメ作品が目立った。
 また、既にある程度の実績を築いている企業による作品が多いのも、特徴となっている。これらの作品は、いずれもTCM2009の会場にて紹介されている。

東京コンテンツマーケット2009 /http://tcm2009.jp

開催日時: 
2009年10月14日・15日 10時~18時 16日 10時~17時
会場: 東京ビッグサイト 東1ホール
同時開催: ライセンシング・アジア2009
主催:経済産業省 関東経済産業局 協力:首都圏情報ベンチャーフォーラム

■ アワード大賞
 『Yans!Gans!MEAT OR DIE_01』ボーナス株式会社

■ 審査員特別賞
 『仏像キャラクターブッディーズ』レイランド
 『モザイコ「舞妓」』 モザイコ
 『戦国驍刃デュラハン』 グレープシティ株式会社ワインスタジオス
 『歳字記』 静岡県中部地区 SOHO推進協議会

サポーターズ賞
[NECビッグローブ賞]
 『Pico 音を奏でる者』 株式会社ピコナ
[アドビ賞]
 『鳥と恋人』 CO2・竹内佐々木高橋・begoberlin
[Gモード賞]
  『ソフトさんの悲劇』 杉山実
[DreamTribe賞]
  『まめまめねこねこ』 ひごみお
[THINK賞]
 『Glass in Love』 株式会社アニマ
[ファンワークス賞]
  『ソフトさんの悲劇』 杉山実
[フォアキャスト・コミュニケーションズ賞]
 『たびするふたご ピーナッツインズ』 Planet Planeter(プラプラ)
[ワッチミー!TV賞]
  『炬燵猫』 株式会社弥栄堂フヰルム
[ポリゴン・ピクチュアズ賞]
  『Yans! Gans! MEAT OR DIE_01』 ボーナス株式会社
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集