BS日テレに北欧発のアニメ登場 声優に福田沙紀さん | アニメ!アニメ!

BS日テレに北欧発のアニメ登場 声優に福田沙紀さん

ニュース

 この10月からBS日テレに、珍しい北欧のアニメーションが登場する。作品は『エリアス ちいさなレスキューせん』、1999年にノルウェーで絵本として出版された原作を、2005年に地元のアニメーション製作会社Filmkameratene A/Sが3DCGを利用してアニメーション化した。
 船や灯台、クレーンなどが、個性的なキャラクターとなって登場する。主人公の体の小さな船であるエリアスが、一人前のレスキュー船になるべく、様々な仲間たちと助け合い成長していく様子を描く。

 元気いっぱいの子供たちが楽しめる作品となっている。北欧各国で高く評価されただけでなく、2006年には米国でもテレビ放映された。テレビ番組を顕彰する米国エミー賞にノミネートされるなど、こちらも高い評価を受けている。
 今回は30分全21話を、BS日テレを通じて届ける。放映は毎週土曜日18時から18時半と、毎週日曜日8時から8時半(再放送)を予定する。

        fune-main.jpg
         (c)FILMKAMERATENE AS. ALL RIGHTS RESERVED 
         (c)エリアス 製作委員会2009

 この作品の主人公エリアスを、人気タレントの福田沙紀さんが演じるのも話題になっている。さる9月17日には、テレビアニメの主役は初めてという福田沙紀さんによるアフレコ収録も行われた。
 福田さんは「今回が、TVアニメ作品の主役を初めて務めることになり、子供たちに純粋に楽しんでもらうためにもとても責任重大で、緊張しています。でも、私も楽しみながらこの作品に参加させて頂いています」と初主役に緊張の面持ちであった。

 『エリアス』が北欧で生まれたことについては、「この作品は、ノルウェーならではのセリフがいっぱいあって、コージー湾というところに初めて来た時に「歓迎パーティはないの?」っていきなり言うエリアスは強い、すごいな、と思いました。日本ではなかなか出てこないセリフもいっぱいあるので、楽しんでもらえたらと思います」と、作品のセリフの面白さを紹介。
 そして、「私自身、『アンパンマン』や『セーラームーン』などアニメを見て育ってきたから思い入れも強く、がんばりたいと思います。いつかは大人の女性の役もやってみたいと思います」と今後も声優に挑戦したいと意欲をみせた。

        ms.fukuda.JPG

 また、福田さんの誕生日が9月19日であることから、サプライズであるエリアスにちなんだお祝いのケーキが登場。かわいらしいデコレーションのケーキに「もったいなくて食べられない!」と、喜びの様子だった。
 誕生日の予定を聞かれると「まもなく19歳を迎えますが、残念ながらまだお誕生日の予定は決まっていません(笑)。10代最後だし、家族と一緒に過ごしたいな、と思っています」とのことだった。

『エリアス ちいさなレスキューせん』 日本版公式サイト 
/http://www.elias-gogo.jp
本放送:毎週土曜日 18時~18時半、再放送:毎週日曜日 8時~8時半

監督: Espen Fyksen
(ノルウェー/2005年/30分×全21話)
製作: Filmkameratene A/S (オスロー、ノルウェー)
日本語版制作: BS日テレ/ネルケピクチャーズ
製作委員会:
ネルケプランニング、BS日テレ、博報堂DYメディアパートナーズ、スタイルジャム
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集