メアリー・ブレア展 10万人突破 会期も1日延長を決定 | アニメ!アニメ!

メアリー・ブレア展 10万人突破 会期も1日延長を決定

ニュース

 東京都現代美術館で開催中の「メアリー・ブレア展」の来場者が9月15日に10万人を超えた。記念すべき10万人目の来場者となったのは鎌倉市から訪れた大学生 片岡紫都香と友人の澤田花菜子さんである。
 10万人突破を記念して、15日には現代美術館エントランスホールで記念セレモニーも行われた。片岡さんには、記念品のメアリー・ブレアグッズとカタログなどが贈呈された。

       mary10man.JPG

 メアリー・ブレア展は、ウォルト・ディズニー スタジオで活躍した女性アーティスト メアリー・ブレアの大回顧展である。メアリーは『シンデレラ』や『ふしぎの国のアリス』などのディズニー映画のカラー・スタイリストなどを中心に数々のアニメーションで重要な役割を果たした。
 展覧会の特長はそうしたアニメーションとの関わりだけでなく、絵本の挿絵やパッケージデザインの仕事やメアリーの人生そのものに光をあてたことである。作品を通して、アニメーションとアートの世界で生きた一人の女性が浮かび上がる。

 展覧会はそうしたメアリーの生み出した独特のイラストレーションに埋め尽くされ、高い評価を得ている。こうした中で東京都現代美術館は、今回展覧会の会期を当初の10月4日終了から1日延長して、10月5日まで開催することを決定した。1日だけではあるが、より多くの人がメアリー・ブレアの世界に触れることになりそうだ。

メアリー・ブレア展
会場: 東京都現代美術館 企画展示室1F、33F
会期: 2009年7月18日(土)~2009年10月5日(月) 
主催: 財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館/日本テレビ放送網株式会社/日本テレビ文化事業団
企画制作協力:スタジオジブリ/三鷹の森ジブリ美術館
公式ホームページ: /http://www.ntv.co.jp/mary/

       mbexbision.JPG

当サイトの関連記事
/ディズニー・アートの巨匠 メアリー・ブレア展始まる
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集