「東のエデン 総集編」限定公開 隠された謎にさらに迫る内容に | アニメ!アニメ!

「東のエデン 総集編」限定公開 隠された謎にさらに迫る内容に

ニュース

 11月28日に『The King of Eden』が、2010年1月9日には『Paradise Lost』が公開される『東のエデン 劇場版』2部作。多くの熱狂的なファンを生み出した『東のエデン』の完全新作の劇場版を心待ちにする人も多いだろう。
 そうしたファンの要望に応えるかたちで、9月26日より東京・テアトル新宿とテアトルダイヤ(池袋)、大阪・テアトル梅田にて、『東のエデン 総集編 Air Communication』がモーニングショー、レイトショーとして劇場公開される。

 『東のエデン 総集編 Air Communication』は、神山健治監督自らが脚本と編集を手掛けテレビシリーズを再構築したものだ。また、音響も今回の劇場用にリニューアルしている。先に第14回アニメーション神戸賞作品賞(テレビ部門)を受賞した物語を、また新たなかたちで提示する。 
 映画はヒロイン森美 咲ほか「東のエデン」のメンバーが総出演し、過ぎ去った8日間の物語を振り返るかたちとなる。また映画は単なる総集編でなく、新しい構成で見せることで、テレビシリーズの中に散りばめられた数々の「なぞ」が掘り下げられる構造との話もあり、ファンには必見だ。

 テレビシリーズ8日間の裏側とは?
 セレソン事件を四畳半から推理した板津豊が突き止めた真実とは?
 11発目のミサイルは何故落とされたのか?
 再び動き出すセレソンの思惑とは?
 ミスターアウトサイドとは何者なのか?

 これらの謎は総集編で明かされるのだろうか。
 また、劇場公開に合わせ、9月26日の公開初日に、テアトル新宿とテアトルダイヤの両館で、舞台挨拶を行うことも決定した。当日は、神山健治監督に、主人公滝沢朗役の木村良平さん、そして姿を見せない主要キャスト ジュイス役の玉川紗己子さんが姿を見せる。
 神山監督からは、『総集編 Air Communication』に加えて、劇場2部作の行方や今作に何が仕掛けられているのかも聞けるかもしれない。

『東のエデン』 公式サイト /http://juiz.jp/

『東のエデン 総集編 Air Communication』
2009年9月26日より限定上映
テアトル新宿、テアトルダイヤ、テアトル梅田にてモーニング&レイトショー

原作・脚本・監督: 神山健治
キャラクター原案: 羽海野チカ
アニメーション制作: プロダクション I.G
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集