「いばらの王」(仮題) シッチェス国際映画祭出品 世界初上映決定 | アニメ!アニメ!

「いばらの王」(仮題) シッチェス国際映画祭出品 世界初上映決定

ニュース

King of Thorn.jpg 2010年に公開予定の劇場アニメ『いばらの王 -King of Thorn-』(仮題)が、10月2日からスペインで始まるシッチェス・カタロニア国際映画祭(SITGES Festival Internacional de Cinema de Catalunya)のアニメーション部門に公式出品されることが決定した。
 作品は岩原裕二さんのマンガ『いばらの王』(エンターブレイン刊)を原作にしている。石化する奇病に感染し冷凍睡眠に入った人々が、目覚めた世界で経験する怪物たちとの戦い、そして世界の謎に直面するSFファンタジーマンガである。

 『いばらの王』映画化は既に明らかにされていたが、その詳細はこれまで語られてこなかった。作品は今回の映画祭が世界初上映となる。世界的な映画祭の場ではじめて作品の全貌が明らかにされる。
 映画は2010年に角川映画による配給が決まっている。しかし、映画のタイトルも今回は仮題とされており、作品は出来上がったばかりとみられる。

 また、映画祭の出品と同時に、アニメーション制作のスタッフ陣も明らかにされた。監督には『THEビッグオー』で国際的にも知られた片山一良さんが担当する。そして、脚本にも山口宏さんと伴に片山一良さんが参加することになる。
 デザイン部門にも力が入る。キャラクターデザインは、『ああっ女神さまっ』、『サクラ大戦』などのシリーズでお馴染の松原秀典さん、モンスターデザインは『鴉 -KARAS-』などに参加した安藤賢司さん、そしてメカニックデザインは『カウボーイビバップ』や『機動戦士ガンダムSEED』などの山根公利さんといった具合だ。アニメーション制作を、『ガンダム』シリーズなどで知られるサンライズが手掛けることも話題を呼びそうだ。

 シッチェス・カタロニア国際映画祭は、ファンタジーやSF、ホラーなどを集中的に上映するファンタジー映画祭である。世界3大ファンタジー映画祭のひとつとされる。
 上映作品はジャンル映画とも呼ばれこともあり、カンヌやベルリンよりもエンタテイメント色の強い映画を取上げる。こうしたジャンルの映画では、世界のトレンドを牽引する存在だ。

 シッチェス・カタロニア国際映画祭は、また、日本のアニメに関心が高い映画祭としてもよく知られている。2004年には今敏監督の『東京ゴッドファーザーズ』、2005年には大友克洋監督の『スチームボーイ』がアニメーション部門の長編作品グランプリに輝いている。
 このほか『イノセンス』(監督:押井守)や『ハウルの動く城』(監督:宮崎駿)、『鉄コン筋クリート』(監督:マイケル・アリアス)など数多くの作品が、各賞を受賞している。今敏監督や『時をかける少女』の細田守監督のようにシッチェスでの評価が、国際舞台でのキャリアアップにつながった例も少なくない。
 そうした中で2009年に選ばれた『いばらの王 -King of Thorn-』がどの様な評価を受けるのか、またどの様な作品となっているのか、世界のアニメファンの目がシッチェスに集まる。
画像: (c)YUJIIWAHARA・ENTERBRAIN,INC. / IBARA committee

シッチェス・カタロニア国際映画祭
(SITGES Festival Internacional de Cinema de Catalunya)

公式サイト /http://sitgesfilmfestival.com/

『いばらの王 -King of Thorn-』(仮題) 公式サイト 
/http://www.kingofthorn.net/
2010年全国ロードショー

【スタッフ】
原作: 岩原裕二(エンターブレイン刊)
監督: 片山一良
脚本: 山口宏 片山一良
キャラクターデザイン: 松原秀典
モンスターデザイン: 安藤賢司
メカニックデザイン: 山根公利
アニメーション制作: サンライズ
製作: 「いばらの王」製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集