グイン・サーガ 10月から早くも地上波放送を開始 | アニメ!アニメ!

グイン・サーガ 10月から早くも地上波放送を開始

ニュース

 今年4月からNHK BS2で放映されているテレビアニメ『グイン・サーガ』が、最終回を前にして早くも地上波でも放映されることが決定した。10月2日木曜日24時45分から、NHK総合にて再び姿をみせる。
 今回の決定はBSで高い評判を受けたものである。地上波を通じてより広い視聴者に、アニメ『グイン・サーガ』の魅力を届ける。

 『グイン・サーガ』は。今年5月に逝去した小説家栗本薫さんの代表作。1人の作家が書いた小説としては世界最長とされており、30年間で正伝128巻、外伝21巻が刊行された。
 今回、映像化されたのはこのうち最初の16巻にあたる。第一次黒竜戦役と呼ばれる物語の舞台となる中原の大国パロとモンゴールの戦いを描く。主人公である豹の頭を持つグインの登場と、その後の物語の中心となって行く主要キャラクターたちが大きな歴史の流れに巻き込まれて行く様子を描く。

 作品は若林厚史監督のもと、シリーズ構成・脚本の米村正二さん、キャラクター原案 皇なつきさんら、実力派スタッフにより、華麗な世界を余すことなく映像化することに成功した。そのクオリティーの高さは必見だ。
 BSでの放映は、最終回に入りいよいよクライマックスに向っている。中原の大国パロとアルゴスの連合軍と対峙しやがて滅亡へと突き進むモンゴール、そして首都パロに辿りついたグインたちの新たな運命が描かれる。

 作品はNHK BS2、NHK総合での放映のほかDVDも現在刊行が続いている。完全生産限定版には、栗本薫さんの書き下ろし小説や、1時間に及ぶインタビュー映像などを収録する。
 
『グイン・サーガ』 公式サイト /http://www.guinsaga.net/

当サイトの関連記事
/『グイン・サーガ』 若林厚史監督インタビュー

【スタッフ】
原作: 栗本薫
監督: 若林厚史
シリーズ構成・脚本: 米村正二
キャラクター原案: 皇なつき
キャラクターデザイン・総作画監督: 村田峻治
コンセプトデザイン: 大河広行
色彩設計: 甲斐けいこ、篠原愛子
美術監督: 東潤一、平柳悟
美術設定: 松本浩樹、高橋武之
美術背景: スタジオ・イースター
撮影監督: 久保田淳
編集: 岡祐司
助監督: ヤマトナオミチ
音響監督: 明田川進
音楽: 植松伸夫
アニメーション制作: サテライト
製作: Project Guin
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集