シンガポールのアニメイベントにMay’nやしょこたん メイド喫茶も登場 | アニメ!アニメ!

シンガポールのアニメイベントにMay’nやしょこたん メイド喫茶も登場

ニュース

 11月21日、22日、シンガポールの日本アニメ大型イベント アニメフェスティバル・アジア2009(Anime Festival Asia 2009)の開催が9月1日に発表された。記者会見がシンガポールのサンテック国際会議展示場で開かれて、メイド達も登場する中で2009年の開催概要が明らかにされた。
 アニメフェスティバル・アジアは、東南アジア地域に日本のアニメ・マンガ文化を発信するべく、2008年にスタートした。同地域に日本アニメ・マンガをコアとしたイベントが少ないことから、地域の中心都市シンガポールで東南アジア最大規模のイベントを目指している。

 イベントは現地企業に加えて運営に電通が参加、バンダイやアニマックスなどの支援も受けている。2008年はゲストに水木一郎さん、May’nさん、大河原邦男さんらを招き、スタート当初から大型イベントとして注目を浴びた。
 2年目になる今年は、昨年と同じく会場をサンテック国際会議展示場とするが、さらに充実したイベントになるようだ。音楽ゲストには、昨年参加した水木一郎さん、May’nさんに加えて、人気タレントの中川翔子さん、JAM Projectのメンバーとして活躍する福山芳樹さんが決定している。中川翔子さんは昨年、ロサンゼルスのアニメエキスポの大型コンサートを成功させたばかり、JAM Projectの海外での活躍もよく知られている。海外慣れしたアーティストたちが、イベントを大きく盛り上げそうだ。

 アニメだけでなく、ポップカルチャー文化も広く取上げられる。期間中は秋葉原の萌え文化を伝えるべく、メイド喫茶「Moe Moe Kyun Maid Café」が開店する。
 さらに、世界的にも益々注目が増しているコスプレについては、リージョナル・コスプレ・チャンピオンシップ(REGIONAL COSPLAY CHAMPIONSHIPS)を開催する。東南アジア各国のトップコスプレイヤーが、同地域ナンバーワン・コスプレイヤーを目指して競演する。

 ガンプラコンテストや子供たちのゾーン「BANDAI KIDS LAND」など展示ゾーンも充実する。さらにイベント前日の11月21日には、ビジネスコンファレンス「ANIMATION ASIA CONFERENCE 2009」も開催する。
 様々なニーズに応える大型アニメイベントとして、アニメフェスティバル・アジア2009は今年も賑わいそうだ。

アニメフェスティバル・アジア2009(Anime Festival Asia 2009)
/http://www.afa09.com/
Moe Moe Kyun Maid Café  /http://www.afa09.com/afa09_maid_cafe.html
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集