ビットウェイ 香港で携帯マンガ事業スタート「NARUTO」など | アニメ!アニメ!

ビットウェイ 香港で携帯マンガ事業スタート「NARUTO」など

ニュース

bitway.JPG 携帯マンガのアグリゲーターの大手ビットウェイは、9月3日から香港で携帯向けのマンガ配信事業を開始した。配信事業は香港の大手キャリアであるスマートーン・ボーダフォン(SmarTone Mobile Communications Limited)との提携で実現する。
 作品はスマートーン・ボーダフォンのポータルサイトの中に設けられた携帯マンガサイト「漫畫王」を通じて提供される。ビットウェイは原稿の入稿から配信まで、マンガ配信に必要な業務を独占的に行う。

 配信にあたっては、ビットウェイが開発した電子書籍閲覧ビューアと配信システムを利用する。ビットウェイのビューアは、ふたつの主要電子書籍ビューアBookSurfingとXMDF フォーマットの双方を閲覧できる統合ビューアとなっている。
 このビューアは異なったフォーマットを自動的に判別し、利用者がその違いを意識することなく利用が出来るようになっている。

 今回のサービス開始ではまず、集英社の『NARUTO』、『Dr.スランプ』などの人気タイトルが配信される。その後は、9月中頃より白夜プラネット『DOOR』など日本の出版社の作品を拡充する。さらに香港をはじめとする海外のマンガ作品も取り揃えるとしている。
 ビットウェイによれば、「漫畫王」は香港初の本格的な携帯マンガサイトである。携帯モバイルの利用が活発な地域だけに、今後の成長も期待出来るだろう。

 ビットウェイは、同様のサービスを今年6月にフランスでも開始している。今後は、さらに台湾、韓国、中国、米国での展開も視野に入れている。
 同社のサービスの拡大は、出版社の海外市場拡大にもつながる。日本のマンガビジネスの海外展開に貢献しそうだ。
画像: 「漫畫王」トップページから
テニスの王子様©許斐剛/集英社、花より男子©神尾葉子・リーフプロダクション/集英社、神風怪盗ジャンヌ©種村有菜/集英社

ビットウェイ /http://www.bitway.co.jp/

当サイトの関連記事
/電子書籍取次ぎビットウェイ 海外向けコミック事業開始
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集