アトムのヒロインに林原めぐみ「空を越えて~もアトムはアトム」 | アニメ!アニメ!

アトムのヒロインに林原めぐみ「空を越えて~もアトムはアトム」

イベント・レポート

 10月10日に、『鉄腕アトム』のスピリットと受け継ぐCGアニメーション『ATOM』が全国公開されている。映画は主役であるアトムの声を女優の上戸彩さん、テンマ博士を役所広司さんが演じることがこれまで明らかにされており、大きな話題を呼んでいる。

 そうしたなか映画に登場する2人以外のキャラクターの声優陣がこのほど明らかにされた。このうち空中都市メトロシティから地上におりたアトム出会う行動的な少女 ヒロインのカーラ役を『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイ役などで人気の林原めぐみさんが演じる。
 このほか三木眞一郎さんや内海賢二さん、富田耕生さん、阿部敦さん、かないみかさん、三宅健太さん、土師孝也さん、愛河里花子さん、加瀬康之さん、西村知道さん、宮原永海さん、富田耕生さんといった実力派が並ぶ。大作映画に相応しい深みを物語に与えることになるだろう。

       voiceactorALL.jpg

 映画のアフレコ収録は既に始まっており、このほどそのアフレコ収録の様子が公開された。収録に参加した声優陣からは、アトムというタイトルの重さを感じさせるコメントが多く語られた。
 愛河 さんは「眺めていた歴史上の人物に「うち来いよ!」と手を引っぱられたような“まさか感”がありました」と驚く。阿部さんも「ビックリしました(笑)とても有名な作品なので「気合いを入れて収録しなくては!」と思いました」と気合が入っている。
 お茶の水博士という物語の重要な役となる西村さんは、「アトムに出演できる!しかも、お茶の水博士役で!!変うれしく思いました」と喜びの様子だ。

 また、映画の完成度や見所の多さについても、多くの感想が挙がった。見所について三木さんは「全部です!本当!!全てが見どころ!!!」と絶賛、内海さんも「見どころはたくさんあり、是非映画をご覧になって頂きたいです」と、土師 さんも「すべてです」と話す。
 一方、三宅さんは「3Dになったアトムの活躍!!」、加瀬 さんは「アトムの成長」、かないさんは「“愛”だと思います」、宮原さんは「全てのキャラクターがとても個性的で楽しいです」と各様の答えに、作品の幅に広さを感じさせた。

       atom07141.jpg
(c)2009 Imagi Crystal Limited Original Manga (c) Tezuka Productions Co., Ltd.

『ATOM』 /http://atom.kadokawa-ent.jp/
10月10日(土)より全国ロードショー
配給:角川映画、角川エンタテインメント

[今回明らかにされたキャスト陣]
コーラ: 林原めぐみ
ゼイン: 阿部敦
ウィジェット: かないみか
スパークス: 三木眞一郎
ロボツキー: 三宅健太
スパークス: 内海賢二
ストーン大統領: 土師孝也
フリーザー: 愛河里花子
ヘックラー長官: 加瀬康之
お茶の水博士: 西村知道
スラッジ: 宮原永海
ひげおやじ: 富田耕生

林原めぐみさんからのメッセージ

「まだテレビが白黒だった時代鉄腕アトムはお茶の間に夢と勇気と愛をもたらしたという。
私は、そのアトムという存在を、正直「なつかしアニメの名場面集」としてしか知らない。

鼻の大きな御茶ノ水博士。アトムはその人の息子?孫?と思っていたくらいだから今回、海を渡って、リメイクされたアトムにアトム誕生の本当の流れ(原作を脚色はしているものの)を教わることとなりました。

そんなアトム知らずの私でさせ、アトムと言えば、「清水マリ」さんという大先輩の声が脳裏をよぎります。そして日本で新生アトムとしてリメイクされた「津村まこと」さんの声もやっと体に馴染んだころ。

そして、今回アトムを担当されるのは、「上戸彩さん」キャラクターと共に生き、泣き、歩く「声優」という仕事をしている私としては、声が変わるという事実を複雑に受け止めてしまうのも正直なところです。
しかしながら、もう一方では、そこにどんな理由があれ、全ての事情を含め、一声優の感情で、キャラクターの未来を封じてはいけないという、真逆の使命感も持ち合わせています。演じている最中は、たとえどうあれ、キャラと自分は一心同体。しかし、演じ終わった時点でいつでも「ソレ」を手放せる心を持たなくてはいけないなと、この作品にかかわることで、今一度痛感しました。
残念ながら、アフレコ現場ではアトムは原音で対応し、上戸さんとはお会いできなかったのですが、きっと、ピュアなトビーの心とアトムの信念を私たちに伝えてくださるものと思います。

私の演じているコーラという女の子は、この世界でのスラム的な場所で暮らしている子供たちのリーダー的な存在。時に姉、ときに母の役割すら果たしているであろう、子。
それでもやっぱり大人ではない。「親なんていなくたって」といいながら、本当は、夜、一人になった時、自分のパパ、ママに恋焦がれるシーンが印象的です。子供たちの前では強がって、その強がりの意味をちゃんとわかっている子です。

スタジオでの収録は、本当に雰囲気も良く、「ハムエッグ」を演じる内海健二さんからは、初代アトムの話なども聞かせていただきました。
テレビアニメ創世記から関わっていらっしゃり、初代アトムも関わっている方と一緒に、ハリウッド版、最新アトムに関われるとは、冥利につきるというものでした。

忠犬ハチ公ですら、ハリウッドで作られる時代。もちろん、その事実そのものへの賛否両論はいなめないでしょうが、まず全ては自分の目で見てから判断してほしいなと思います。違って当然。

しかし、その違いを探したり、つついたりするのではなく、一つの「アトム」という新しい作品として見た時に、この作品には、家族や友達。誰かを思う、守る、大切にする。基本的で、当たり前で、でもとても大切なものがわかりやすく描かれているように思います。
赤いブーツと黒いパンツ、とがった髪の毛…。空を越えて~もアトムはアトムでした。」
林原めぐみ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集