東映ロボットガールズ公式サイト オープン 懐かしのロボが少女化 | アニメ!アニメ!

東映ロボットガールズ公式サイト オープン 懐かしのロボが少女化

 東映アニメーションが展開する新プロジェクト「東映ロボットガールズ」の公式サイトが、6月30日にグランドオープンした。  この企画は東映アニメーションを代表する懐かしのロボットアニメのロボットたちが、かわいい女の子に擬人化して登場するものだ。『マグネロボ

ニュース
 東映アニメーションが展開する新プロジェクト「東映ロボットガールズ」の公式サイトが、6月30日にグランドオープンした。
 この企画は東映アニメーションを代表する懐かしのロボットアニメのロボットたちが、かわいい女の子に擬人化して登場するものだ。『マグネロボ ガ・キーン』、『大空魔竜ガイキング』、『超人戦隊バラタック』の3つの作品から登場する3人のガールズから構成される。

 しっかり者だが少し脳筋のガイちゃん(ガイキング)、ツッコミ役で気苦労の絶えないガッキー(ガ・キーン)、基本的に無邪気だが腹黒い一面もあるバラたん(バラタック)である。それぞれの作品の面影とエッセンスを盛り込んだ少女たちの魅力がウリとなっている。
 女の子たちは、かつて地球を守ったスーパーロボットの情報を集め、研究を行い、伝説の力をカワイイ女の子たちに授けることで東映ロボットガールズ研究所にて誕生したという。

 キャラクターデザインは、劇場版『鋼の錬金術師』や『灼眼のシャナ』などで作画監督として活躍した川上哲也さんである。『とある魔術の禁書目録』でもキーアニメーターとして活躍するなど人気、実力を兼ね備えたアニメーターとして知られている。
 川上哲也さんかつての人気アニメ作品を新しいキャラクターで復活させ、その魅力を表現する。これまでのロボットアニメのファンだけでなく、新しい世代にもアプローチすることになりそうだ。

 公式サイトでは、このガールズたちが新久保だいすけさんによる四コママンガに登場する。さらにそれにまつわるコラムを、毎週1本更新する。また、最新情報や3作品の情報なども紹介する。
 ガールズたちは仮想のキャンペーンガールとなり、単巻発売が開始される『マグネロボ ガ・キーン』、『大空魔竜ガイキング』、『超人戦隊バラタック』のDVDの宣伝を担当する。
 しかし、それだけでなく、今後は独立したコンテンツとしても各方面で展開してゆく予定だという。これまでにないキャラクターの掘り起こしとしても、注目を浴びるだろう。

東映ロボットガールズ 公式サイト 
/http://www.toei-anim.co.jp/sp/robotgirls/index.html
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集