那須国際短編映画祭開幕 ノミネートの半数アニメーション作品に | アニメ!アニメ!

那須国際短編映画祭開幕 ノミネートの半数アニメーション作品に

ニュース

 6月27日、第4回那須国際短編映画祭が開幕した。那須国際短編映画祭は栃木県の那須高原一帯で開催される。
 2006年から昨年までの3回は、東京の原宿・表参道を中心にして行われているショートショートフィルムフェスティバル&アジアの国内ツアー開催地の1つであったが、今回より独立して行なわれることになった。

 映画祭では、ショートショートフィルムフェスティバル&アジアの作品のほか、那須アワード2009の作品上映もされる。那須アワードは、ショートショートフィルムフェスティバル&アジアとは別枠で作品を募集したものである。
 今回那須アワード2009には149作品の応募があり、21作品がノミネートされた。そのうちアニメーションは13作品と半数を占めている。
 石上裕規氏らの『印鑑検査工場』や岩井澤健治氏の『福来町、トンネル路地の男』、中田彩郁氏の『コルネリス』、青木純氏の『スペースネコシアター』など、デジタルクリエイターズコンペティションや東京国際アニメフェア、インディーズアニメフェスタなどで受賞歴のある作品が見られる。那須アワード2009の受賞作品は、映画祭最終日の7月5日に発表される。

 このほかショートショートフィルムフェスティバル&アジアの関連では、7月1日から31日まで横浜のブリリアショートショートシアターで「蛙男商会5年間の軌跡」が開催される。
 また、国内ツアーとして7月25日から31日まで名古屋の伏見ミリオン座でも、フェスティバルの作品上映が行われる。このほか海外ツアーとして国外ではメキシコシティで、9月3日から11日まで上映会が開催される。
【真狩祐志】

那須国際短編映画祭 /http://www.nasu-filmfest.jp/

当サイトの関連記事
/ショートショートフィルムフェス&アジア開催 アニメーションも多数
/「蛙男商会5年間の軌跡」 横浜みなとみらいで1ヶ月間上映
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集