テレビ「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」 DVDレンタルスタート | アニメ!アニメ!

テレビ「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」 DVDレンタルスタート

 『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』は、2008年8月に『スター・ウォーズ』シリーズ初の劇場アニメーション、しかも全編3DCGアニメーションとして大きな話題を呼んだ。  この映画を引き継ぐかたちで、米国のカートゥーンネットワークで放映されたのが、『スタ

ニュース
swcw1.jpg 『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』は、2008年8月に『スター・ウォーズ』シリーズ初の劇場アニメーション、しかも全編3DCGアニメーションとして大きな話題を呼んだ。
 この映画を引き継ぐかたちで、米国のカートゥーンネットワークで放映されたのが、『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ<ファースト・シーズン>』である。ルーカスフィルム・アニメーションによるアクション満載の3DCGアニメーションがテレビの中で実現し、全米で大人気となった。既に、セカンド・シーズンの製作も決定している。日本でも今年3月から、NHK BShiにて放映され好評を博している。

 このテレビシリーズ『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ<ファースト・シーズン>』が、この8月5日よりDVDレンタルをスタートすることが決定した。
 作品は全6巻に各巻4話が収録される。8月5日にはこの第1巻と第2巻がレンタルを開始、さらに9月9日に3巻と4巻、10月7日に5巻と6巻のレンタルをスタートする。今まで明らかにされて来なかった『スター・ウォーズ』の物語の秘密の一部がベールを脱ぐ。

 作品の舞台となるのは、劇場映画『エピソード2/クローンの攻撃』と『エピソード3/シスの復讐』をつなぐ時代となる。映画の中では言及されているにもかかわらず、実写映画では描くことのなかったクローン大戦が描かれている。
 ジェダイ騎士アナキン・スカイウォーカーとその弟子である少女アソーカ・タノを中心に話は展開する。彼らが属する共和国軍とダース・シディアスが影で操るドゥークー伯爵率いる分離主義勢力の戦い、そして戦いの鍵を握ることになるクローン兵たち。ジャー・ジャー・ビンクスをはじめとするサブキャラクター達の活躍も見逃せない。

 作品は長大な『スター・ウォーズ』シリーズの最新作であるだけでなく、ルーカスフィルム・アニメーションの最先端の3DCGアニメーションが使われているのも魅力だ。
 新時代のテレビアニメーション『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ<ファースト・シーズン>』は、『スター・ウォーズ』ファンでなくても必見だ。

『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ<ファースト・シーズン>』
8月5日レンタル開始
ワーナー・ホーム・ビデオ

原案・製作総指揮: ジョージ・ルーカス
総監督: デイブ・フィローニ
ストーリー構成: ヘンリー・ギルロイ
音楽: ケビン・カイナー
~オリジナル「スター・ウォーズ」テーマ音楽~ジョン・ウィリアムズ
製作: ルーカスフィルム・アニメーション

【声の出演】
アナキン・スカイウォーカー: (マット・ランター/浪川大輔)
アソーカ・タノ:  (アシュリー・エクステイン/伊藤静)
オビ=ワン・ケノービ: (ジェームズ・アーノルド・テイラー/森川智之
ヨーダ: (トム・ケイン/永井一郎)
キャプテン・レックス、クローン・トルーパー:
(ディー・ブラッドリー・ベイカー/金田明夫)

       swcw2.jpg
TM & (C) 2009 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. Used Under Authorization.
(C) 2009 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集