「テイルズ オブ ヴェスペリア」 10月3日全国公開決定 | アニメ!アニメ!

「テイルズ オブ ヴェスペリア」 10月3日全国公開決定

ニュース

 今年4月に製作発表され大きな関心を集めていた劇場版『テイルズ オブ ヴェスペリア ~ The First Strike ~』の劇場公開日が決定した。2009年10月3日より池袋シネマサンシャインほかにて全国ロードショーとなる。
 映画の製作は、バンダイナムコゲームスとバンダイビジュアル、それに映画を制作するプロダクション I.Gも加わる。配給は角川映画が行うなど、10月3日の公開に向けて映画製作に力がはいりそうだ。

 劇場版『テイルズ オブ ヴェスペリア ~ The First Strike ~』は、バンダイナムコゲームスの人気ゲーム『テイルズ オブ』シリーズの初の劇場映画化である。シリーズ累計販売本数が1000万本を超える人気シリーズだけに、劇場映画化に大きな期待がかかる。
 映画の制作はこれまでシリーズのオープニングムービーを数多く手がけてきたプロダクション I.Gが行う。映画はフルHDで制作され、ゲーム版のオープニングの映像美を再現する。ゲーム本編で描かれなかった物語以前の時代が中心となって描かれる。

 映画のスタッフ陣も明らかになっている。監督には、『イノセンス』や『キル・ビル Vol.1』などのビジュアルパートを手がける一方で、『テイルズ オブ レジェンディア』のムービーパート監督も担当した亀井幹太さんが行う。『テイルズ オブ』シリーズにはこれまでも多数参加しており、その手腕が発揮されることになりそうだ。
 脚本は『けいおん!』や『マリア様がみてる』シリーズの吉田玲子さん、音楽の千住明さん、キャラクター原案の藤島康介さんら豪華スタッフ陣の名前が並ぶ。

 プロダクションI.Gにとっては、6月13日に劇場公開された『宮本武蔵』、8月22日に全国公開される『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』に次ぐ、今年3本目の劇場映画となる。同社制作の映画は年内に『東のエデン』劇場版も公開されるとみられる。テレビだけでなく劇場映画でのプロダクションI.Gの勢いを感じさせるものになる。
 一方、製作に参加するバンダイビジュアルは、今年の春の『劇場版交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』がヒットになっている。今回はこれに次ぐヒットを狙いたいところだろう。

『テイルズ オブ ヴェスペリア ~ The First Strike ~』
公式サイト /http://www.tov-movie.net/
2009年10月3日(土)よりシネマサンシャイン池袋ほか全国ロードショー

【スタッフ】
原作: バンダイナムコゲームス
監督: 亀井幹太
プロデューサー: 吉積信 湯川淳 寺川英和
脚本: 吉田玲子
音楽: 千住明
キャラクター原案: 藤島康介
キャラクターデザイン・キャラクター作画監督: 松竹徳幸
作画監督: 齋藤卓也・黄瀬和哉・海谷敏久
美術監督: 大野広司
色彩設計: 井上佳津枝
3D監督: 遠藤誠
撮影監督: 山田和弘
音響監督: 若林和弘
主題歌:BONNIE PINK「鐘を鳴らして」(ワーナーミュージック・ジャパン)
アニメーション制作: プロダクション I.G
製作: バンダイナムコゲームス バンダイビジュアル プロダクション I.G
製作協力: 東急エージェンシー
配給: 角川映画2009年/日本/ドルビーSRD/ビスタサイズ

【キャスト】
ユーリ: 鳥海浩輔
フレン: 宮野真守
エステリーゼ: 中原麻衣
リタ: 森永理科
レイヴン: 竹本英史
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集