「モンスターvsエイリアン」 世界興行&北米興行2009年第1位 | アニメ!アニメ!

「モンスターvsエイリアン」 世界興行&北米興行2009年第1位

ニュース

 日本では7月11日に公開される3D劇場アニメーション『モンスターvsエイリアン』が、世界的な大ヒットになっている。1月から5月の最初の5ヶ月をほぼ終了した5月26日の段階で、2009年の北米興行収入第1位と全世界興行収入第1位となっている。
 『モンスターvsエイリアン』は、『シュレック』や『カンフー・パンダ』などの3Dアニメーションのヒット作を次々に生み出すアニメーションスタジオ ドリームワークス・アニメーションの最新作である。今回は、身長15Mに突然巨大化したヒロインを主人公にしたSFアドベンチャー作品となる。

       MVA.JPG
       (c)2009 DreamWorks Animation L.L.C.

 作品は米国で3月27日に公開をされたのを初め、世界各地で上映されている。その興行収入は5月26日までに北米市場だけで1億9299万ドル(およそ190億円)、全世界では3億4500万ドル(およそ328億円)に達した。いずれも2009年度では、現在トップとなっている。
 北米でビッグヒットとして大きな話題を呼んでいる実写映画『スター・トレック』や『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』をかわしている。さらに世界市場でもこの2作品やワイルド・スピードの最新作『Fast and Furious』を上回った。

 この人気は本作が、ドリームワークス・アニメーションの手掛けた初の3‐D(立体)アニメーションであることも大きい。今回は3-D版の制作だけで、1500万ドルが費やされている。
 この結果『モンスターvsエイリアン』は、北米全域で1550館もの劇場で3‐D上映されている。迫力の映像が多くの映画ファンを集めただけでなく、入場料の単価が大きいことも興行の成功に影響しただろう。7月11日の日本での公開も大きな期待がかかりそうだ。

『モンスターvsエイリアン』 公式サイト /http://www.mon-eri.jp/
7月11日(土)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集