京アニ オリジナル劇場アニメ「ムント」 今週末から池袋、京都で公開 | アニメ!アニメ!

京アニ オリジナル劇場アニメ「ムント」 今週末から池袋、京都で公開

ニュース

MUNTO.jpg いま最も勢いにのるアニメスタジオのひとつ京都アニメーションの初のオリジナル劇場アニメーション『天上人とアクト人 最後の戦い』が、今週末4月18日から東京・池袋と地元京都で劇場公開をする。
 池袋はシネマサンシャイン、京都は京都シネマでの上映となる。いずれも5月1日までの2週間、レイトショーになっている。上映期間が限られているのでファンは、忘れずにチェックしたいところだ。

 この『天上人とアクト人 最後の戦い』は、京都アニメーションが長年オリジナル企画として育ててきた『ムント』シリーズの最新作。現在、好評放映中のテレビシリーズ『空を見上げる少女の瞳に映る世界』を劇場映画としてまとめあげた。クライマックスシーンに新作カットを追加したディレクターズカット版として登場する。
 現代世界より遥か未来に存在する天上世界と地上、そして現実の世界と異なる世界の物語が完結編として劇場映画化されている。

 映画は人気の高い京都アニメーションの作品ということもあり、既に高い注目を浴びている。公開初日4月18日土曜日の池袋シネマサンシャインの舞台挨拶チケットは、チケットぴあ販売分が即日完売し、劇場販売分も残りわずかとなっている。
 この舞台挨拶は、18日の20時20分から行なわれる。司会進行役にグリドリ役の白石稔さん、高森カズヤ役の高橋伸也さんを迎え、相沢舞さん、小野大輔さん、堀川千華さん、稲田徹さん、若本規夫さんと主要キャストが勢揃いする。さらに木上益治監督やキャラクターデザインの荒谷朋恵さんも登壇するかなり豪華な挨拶になりそうだ。
 また、25日には同じメンバーで、京都シネマでも舞台挨拶が行なわれる。京都での単館系の舞台挨拶はあまりないことに加えて、京都アニメーションの地元ということもあり、こちらも大きく盛り上がることになるだろう。舞台挨拶及び劇場情報の詳細は公式サイトで確認出来る。
(c)京都アニメーション.All Rights Reserved

『ムント』 公式サイト /http://www.munto.com/

         MUNTO_MOVIE.jpg
          (c)京都アニメーション.All Rights Reserved
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集